色で選ぶなら、この「ファイルとバインダー」

 

ブラックとピンクのファイルはフライング タイガー コペンハーゲンで。ブルーのバインダーはASOKOで見つけました。

使い勝手はどれも普通。めちゃくちゃ普通です。

じゃあ何に惹かれたかって、この色!
子どもっぽくって派手っちゃ派手。だけど、(つくりはちょっと雑だけど)シンプルなカタチだからか、ゴテゴテした感じはなくて、大人でも抵抗を感じず使えるくらいの落ち着きはあります。

「わける」と「はさむ」の単純な行為さえできればいい!そこにプラスアルファの何かは求めない!ただかわいいのがいい!

そんな人にオススメです。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ。例えば、自分のような!
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
シンプルなハートがいくつもデザインされたアイテムは、子どもっぽくって敬遠してしまいがちだけど(ハートに限らず、星とか動物とか、柄物全般に共通して)、これは例外。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
このノート最大のポイントは、平綴じタイプなのにゴム留めが付いているところ。リングタイプでゴム留めがついているものは多いけれど、平綴じタイプで付いているのっ...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
もっとほしいのあったしな、これでもげんせんしたほうやで。
原宿駅前プロジェクトは、未来を紡ぐ“たまり場”として名称を「WITH HARAJUKU」に決定。ライフスタイル雑貨、スポーツ、アパレル、コスメなどの路面店...
この4種類をデスクに常備しています。
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
スピリッツにソーダ、そしてレモンを絞る。今までのサワーから一歩進んだ、フレッシュフルーツにこだわりをもつ「Sour」。2016年に京都でオープンしたサワー...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。