ゴムの色が大事だったりする「ファイル」。

〈フライング タイガー コペンハーゲン〉で見つけたドキュメントファイル。

細かいことを言えば、カバーが反っていたり、中の蛇腹部分を綴じる位置がいい加減だったり。かなりざっくりした作り。質の面では、ステーショナリー専業のブランドとは比較にならない。

だから、書類を丁寧に仕分けしてブリーフケースにしまって持ち歩くような人には向いてない。このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ(ちなみに、自分は後者だけど、時々前者のフリもする)。

一番気に入っているのは、ゴムとカバーの色の合わせ方。キッズ用のプロダクトっぽくて、かわいい。中のファイルがレインボーカラーなのはトゥーマッチだけど、これもまあご愛嬌だ。

67030507019304966181913328877568

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
大正7年創業というぶんぶく株式会社のロングセラー商品で、旧名は「普及型屑入れ」。学校やオフィス、一般家庭で長年使われてきたこれ以上ないぐらいフツーの屑入れ...
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
文房具メーカーの〈DELFONICS(デルフォニックス)〉による「コナーバッグ」。生地は軽量かつ耐久性のあるリップストップ、ストラップはダブルホックで耐荷...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
〈Marvis(マービス)〉のマウスウォッシュはボトルデザインに注目。オフィスのデスクの上に常備しても様になります。口に含んだ際も優しいアルコールフリー。
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
〈フェローズ社〉の「バンカーズボックス」。世界中のオフィスで使われている書類保管箱にミニサイズの「バンカーズボックス101ミニ」が登場しました。デスク上の...
〈CAMBRO(キャンブロ)〉の「CAMTRAY(カムトレー)」です。たまーにお店なんかでも使われているのを見かけますが、もともとが業務用。本国アメリカで...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉の「メタルブックレスト」は、オフィス用品として決してマストではないものの、あればあったで重宝する、そんな類いのプロダクトです。
ウォールポケット、あるいはレターラックって言うんでしょうか。ポケットがいっぱいあって、壁に吊るすヤツ。ハガキとか小さな文房具類を入れるのが普通ですが、『V...
もとは園芸用。〈TUBTRUGS(タブトラッグス)〉のゴムバケツ。今では洗濯物を入れたり、おもちゃを入れたり、雑誌と入れたりと収納グッズとして定番になって...
イタリアのデンタルケアブランド〈Marvis(マービス)〉のトラベルセット。スタイリッシュな見た目は、旅はもちろん、オフィス用にも重宝します。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...