IKEAも入る原宿駅前「WITH HARAJUKU」は、未来をつむぐたまり場

「原宿駅前プロジェクト」という名で計画が進んでいた商業施設の名称が「WITH HARAJUKU」に決定した。

このネーミングには、施設を訪れる世界中の人々が互いに高め合う場であると共に、この施設が、原宿という街やそこに集う人々に寄り添う存在でありたいという想いが込められているとのこと。

「IKEA」初の都市型店舗が入ることでも注目のこの施設は、ほかにもライフスタイル雑貨、スポーツ、アパレル、コスメ、飲食店などの路面店空間を構成し、8階には明治神宮の森を一望できるパークビューレストランをオープン。4階以上は賃貸レジデンス、3階にはイベントホールも備える。

ものを買うだけならECサイトでも十分という時代のなかで目指すのは、原宿から世界に向けて独自のカルチャーを発信していく複合施設であり、さまざまな価値観をもった人たちが交じり合い、さらなる新しい価値を生み出す未来志向のラボラトリーだ。

「ここに来れば何かが始まる」──。そんな予感に溢れた“たまり場”は、2020年春にオープン。

原宿は、今も昔も「自分の好き」を信じて発信することができる街。日本から、世界を巻き込むトレンドを生み出せる街だ。

 

※新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策として開業日は延期となりました。

©2019 NTT都市開発
©2019 NTT都市開発
©2019 NTT都市開発
Top image: © 2019 NTT都市開発
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

個性あふれるレストランやカフェ、ショップなど全14店舗が並ぶ、魅力的な路面店空間「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」が4月25日、東京・原宿駅前に...
今春4月25日、新しく出店する「IKEA原宿」のオープンに向け、「イケア・ジャパン」は日本でもっとも話題のバーチャルモデル「imma」とパートナーシップを...
スピリッツにソーダ、そしてレモンを絞る。今までのサワーから一歩進んだ、フレッシュフルーツにこだわりをもつ「Sour」。2016年に京都でオープンしたサワー...
「ラフォーレ原宿」と「コカ・コーラ」のコラボレーション企画「Coca-Cola Collection 2020 in Laforet HARAJUKU」が...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
2020年冬、「IKEA渋谷」がオープン予定。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...