モレスキンは「ハードルが高い」と思う人に、ちょうどいいノート。

ノートを新調するときに、一度は手に取るモレスキン。

無地のクラッシックノートをいつも持ち歩いて、商談に使ったり、思いついたアイディアをすらすら書く社会人にずっと憧れている。“使いこなしてる感”のあるモレスキンを片手に、私も会議室へ向かいたい。

そう思ってはいるものの、未だ実現されていないのは、いざ手にするとぶっちゃけ何に使ったらいいのかわからないから。

参考にしたいからと言って、愛用者のノートを見せてもらったら、開いたページは、割と乱雑に押されたご当地スタンプで埋め尽くされていた。旅先の駅に置いてあったであろう、アレ。

え、嘘でしょ。感覚が違いすぎる。

ハイレベルな自由帳の、
使い方がわかりません(小声)。

<無地で、自由に何にでも使えること。>

ユーザーからすれば、最も使いやすい点かもしれない。でも、これこそ悩みの種ではないか。私にはそう思えて仕方がない。

3,000円以上出して文房具を買う機会がなかなか無いし、適当に思いついたことをバーっと書いて、汚い部分は切り取って捨てるなんて気が引ける。

自然に使いこなせる人になるためには、むしろ使い方がわかりやすいノートから始めたほうが近道じゃない?

自由だけど、自由すぎない
【Sketchy Notebook】

D0809c8370e702061ab7b5315bf343dbe2580ff35a143d7285bcd127e945339cb87a6cff24bbc351

Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど、一番ミソなのは付属の「下敷き」。

40665662a87eb6b1ed6c2c465bc7bd23d9ca5171

無地とはいえ、罫線も方眼も、ページの区切り線も、このテンプレートを使って簡単に書き込めるというわけ。

125c42c78c1ec09c26b14a89f6551278f23bda11

これなら文字が斜めになることもないし、整った状態で残しておけるから罪悪感もない。「綺麗に書こう!」というマインドの時にそれをサポートしてくれるから、行動に移すまでのハードルが低くなるでしょう?

D71bc78865da849b216de1ad57bd38432d18e489Dec7220a2aac9b298d77aa27e349c48a51ca5cc5

少し高めのノートだからこそ、まずは丁寧に“使うこと”に慣れていけばいい。どうやって書き残すかを0から考えるのはセンスが問われるわけで、そもそも思いつくレパートリーだって限られてる。

だからこそ、全12種類のテンプレ下敷きから考えてみればいい。補助輪みたいに、“書く思考のサポート”をしてくれるから。

1冊目が終わる頃には、すっかり「ハイレベルな自由帳」を使いこなせる人になっているはず。敷居が高いと感じていたノートにも、年越しを機にここから挑戦してみたい。

注文はこちらから!

Licensed material used with permission by Makuake
さて、ここからはノートの自慢。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
財布が小さく、薄くなっていくなかで、難しくなるのがカード類や領収書の整理だ。電子マネーだなんだと言ったところで、コチラは一向に減らない。個人的には増えてい...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...