モレスキンは「ハードルが高い」と思う人に、ちょうどいいノート。

ノートを新調するときに、一度は手に取るモレスキン。

無地のクラッシックノートをいつも持ち歩いて、商談に使ったり、思いついたアイディアをすらすら書く社会人にずっと憧れている。“使いこなしてる感”のあるモレスキンを片手に、私も会議室へ向かいたい。

そう思ってはいるものの、未だ実現されていないのは、いざ手にするとぶっちゃけ何に使ったらいいのかわからないから。

参考にしたいからと言って、愛用者のノートを見せてもらったら、開いたページは、割と乱雑に押されたご当地スタンプで埋め尽くされていた。旅先の駅に置いてあったであろう、アレ。

え、嘘でしょ。感覚が違いすぎる。

ハイレベルな自由帳の、
使い方がわかりません(小声)。

<無地で、自由に何にでも使えること。>

ユーザーからすれば、最も使いやすい点かもしれない。でも、これこそ悩みの種ではないか。私にはそう思えて仕方がない。

3,000円以上出して文房具を買う機会がなかなか無いし、適当に思いついたことをバーっと書いて、汚い部分は切り取って捨てるなんて気が引ける。

自然に使いこなせる人になるためには、むしろ使い方がわかりやすいノートから始めたほうが近道じゃない?

自由だけど、自由すぎない
【Sketchy Notebook】

Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど、一番ミソなのは付属の「下敷き」。

無地とはいえ、罫線も方眼も、ページの区切り線も、このテンプレートを使って簡単に書き込めるというわけ。

これなら文字が斜めになることもないし、整った状態で残しておけるから罪悪感もない。「綺麗に書こう!」というマインドの時にそれをサポートしてくれるから、行動に移すまでのハードルが低くなるでしょう?

少し高めのノートだからこそ、まずは丁寧に“使うこと”に慣れていけばいい。どうやって書き残すかを0から考えるのはセンスが問われるわけで、そもそも思いつくレパートリーだって限られてる。

だからこそ、全12種類のテンプレ下敷きから考えてみればいい。補助輪みたいに、“書く思考のサポート”をしてくれるから。

1冊目が終わる頃には、すっかり「ハイレベルな自由帳」を使いこなせる人になっているはず。敷居が高いと感じていたノートにも、年越しを機にここから挑戦してみたい。

注文はこちらから!

Licensed material used with permission by Makuake

関連する記事

「水で洗って何度も使えるノート」が、新たな進化を遂げた。メモすることのハードルを徹底的に下げたデジタル時代の革新的ノートが完成した。
さて、ここからはノートの自慢。
「コクヨデザインアワード2018」にて優秀賞を受賞した「黒と白で書くノート」が商品化。「明るい色と暗い色の文字は同時に読みづらい」という性質を利用した話題...
「バタフライボード株式会社」より、何度も使って消せるノート「notes(ノーツ)」がクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
自分の睡眠の質を上げるだけでなく、一緒に眠る人たちも幸せにできる“いびきエチケット”アイテムが、応援購入サービス「Makuake」にて予約販売中だ。