これが人生で買う「最後のノート」になるかもしれない

一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、これが無限に使えるものだとしたらどうだろう?

エコだテックだと言う以前に、圧倒的コスパから、もしかしたら人生最後のノートになるかもしれない。

拭くだけで文字が消える
繰り返し使えるノート

Cad617efff4e7c247a97df0d6fed162bba3ebe05

書いては消して、また書いて…、耐久利用回数は1,000回以上というから、さすがに「無限に」は大げさだけど、買い足す必要もなく同じページを繰り返し使える。ゆえにこのノートは(永遠)を意味する「Everlast」と名付けられた。

779576ef4d8dfd511b47026648bf4a78ed99a208

書いたものが消えるといえば、フリクションペン。温度変化により色が変わるインクを使用したあのペンをこちらも使用することが大前提。けれど、「消す」ことに関しては摩擦熱でなく、こちらは濡れたタオルやウェットティッシュだという。ちなみに乾いた布では消すことができない。

製紙業界の専門家たちと共同開発したのが、なめらかで限りなく紙に近い「合成ポリエステル」。秘密はペンではなく、紙のほうにあった。

スキャンしてクラウド保存
そして、また消す。

2507f45472b507a418238f37d51365de10df410f

さて、いくら消せるからといって、必要な情報(内容)を記録しておけなければ意味がない。なので、本来であればフラッシュアイデアをちょこっと書き留めておきたい、クリエイティブ族のニーズを満たすレベルのものでも悪くない訳だが。

でも、そこで終わらないのがEverlast。無料の専用アプリでメモした内容を読み込めば、簡単にクラウド環境で保存ができる

Ff58e7fe97e3b899f00496d44555520a0c827bf3

メモを即データ化してスマホに保存する、俗に言う「デジタルノート」や「電子ノート」は数あれど、質と実を兼ね備えていて、さらにコスパも叶えてくれるものって、調べてみると分かるけど、意外と少ない。

スタイラスペンを画面に滑らすのとはひと味違う、紙の質感だったり、筆圧を大事にしたい人には断然コッチなんじゃないかな。安価とまでは言えないけれど視点を変えれば、ってやつですよ。

7つのアイコンで
保存先を独自設定

53ba6bd2838ef49e35d299b1be184df9286d5fad

そうそう、こちらもナイスな機能。ページ下部にある7つのアイコンを、自分が保存したいクラウド先、たとえばDropbox、Evernote、Google Docs、メールなどと紐付けるだけで、書いたノートを任意のフォルダにラクラク自動保存。業界のスタンダードにもしっかり対応している。

046e61265399418df0c36ee5f0d731fe6aa5ae59

クラウドファンディングを「Makuake」で開始したのが先週末のこと、それからまだ数日だというのに、すでに出資金は目標額の2倍に到達(驚)。これを「最後のノートにしたい」って思っている人、少なくないってことじゃない?

Licensed material used with permission by Makuake
さて、ここからはノートの自慢。
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
"〈RAVPower(ラブパワー)〉の20100mAh ポータブル電源。このバッテリーを買えば、全てのスモールデバイスの電源問題を解決してくれます。"
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...