プライバシーを重んじる現代だからこそ生まれた「特別なノート」

ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。

僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。

その内容が日記だと、なおさらその思いが強くなるかもしれない。ありのままの思いを書いているし、愚痴をこぼしていることもあるから。だからこそ、見られないようにと引き出しの一番下に隠してきた。

でも、これからは机の上に堂々とノートを放っておいても大丈夫そうだ。

もう、誰にも読ませない。

この「LOCKBOOK」は、指紋認証ロック付きノート。指紋は2つまで登録することができ、それ以外では開けることができないそう。

たとえば、カップルでお互いに登録すれば、誰にも見られない2人だけの想いを綴ったノートを作ることだってできるかもしれない。

好みに合わせてカスタマイズ

自分の好みに合わせて、これだけの詰め替え用紙が選べるとのこと。

このノートには、クレジットカードやパスポートを入れるスペースがあるので、旅先に持っていく貴重品入れとしても使えるかもしれない。

他にも、ポケットや地図、付箋、定規などのアクセサリーが増えるらしいので、様々なシーンで活躍してくれそう。

どこに忘れても
読まれる心配はない

厚さは2.4cmとiPadの3倍以上。下の画像を見ても、確かに分厚いのが伝わってくる。

でも、万が一紛失してしまったときに中を見られる薄いノートよりも、かさばってしまうけれど、大事な情報を守ってくれる分厚いノートのほうがイイ、という考え方もできるかも。

この「LOCKBOOK」は、「Makuake」にてクラウドファンディング中。期限まで約40日を残しつつも、すでに目標額の2倍以上を調達。現在は赤と黒の二色展開だけど、正式販売時には色のバリエーションを増やす予定らしい。8,880円(税込)から購入可能で、今オーダーしたら8月中には届くとのこと。

Licensed material used with permission by Makuake
さて、ここからはノートの自慢。
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...