プライバシーを重んじる現代だからこそ生まれた「特別なノート」

ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。

僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。

その内容が日記だと、なおさらその思いが強くなるかもしれない。ありのままの思いを書いているし、愚痴をこぼしていることもあるから。だからこそ、見られないようにと引き出しの一番下に隠してきた。

でも、これからは机の上に堂々とノートを放っておいても大丈夫そうだ。

もう、誰にも読ませない。

この「LOCKBOOK」は、指紋認証ロック付きノート。指紋は2つまで登録することができ、それ以外では開けることができないそう。

たとえば、カップルでお互いに登録すれば、誰にも見られない2人だけの想いを綴ったノートを作ることだってできるかもしれない。

好みに合わせてカスタマイズ

自分の好みに合わせて、これだけの詰め替え用紙が選べるとのこと。

このノートには、クレジットカードやパスポートを入れるスペースがあるので、旅先に持っていく貴重品入れとしても使えるかもしれない。

他にも、ポケットや地図、付箋、定規などのアクセサリーが増えるらしいので、様々なシーンで活躍してくれそう。

どこに忘れても
読まれる心配はない

厚さは2.4cmとiPadの3倍以上。下の画像を見ても、確かに分厚いのが伝わってくる。

でも、万が一紛失してしまったときに中を見られる薄いノートよりも、かさばってしまうけれど、大事な情報を守ってくれる分厚いノートのほうがイイ、という考え方もできるかも。

この「LOCKBOOK」は、「Makuake」にてクラウドファンディング中。期限まで約40日を残しつつも、すでに目標額の2倍以上を調達。現在は赤と黒の二色展開だけど、正式販売時には色のバリエーションを増やす予定らしい。8,880円(税込)から購入可能で、今オーダーしたら8月中には届くとのこと。

Licensed material used with permission by Makuake
さて、ここからはノートの自慢。
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
「コクヨデザインアワード2018」にて優秀賞を受賞した「黒と白で書くノート」が商品化。「明るい色と暗い色の文字は同時に読みづらい」という性質を利用した話題...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
中国企業「Vivo」は、画面の中に指紋認証センサーを搭載した「Clear ID」という、最先端テクノロジーを採用したスマホが大量生産できるステージにいると...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「バタフライボード株式会社」より、何度も使って消せるノート「notes(ノーツ)」がクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。
ロンドン生まれの“本物の木”からできたノートブランド「Bark&Rock」が日本初上陸。「銀座 蔦屋書店」の店頭及びオンラインショップで販売がスタートした。
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACK...
8月30日から、一部を除く全国の「スターバックス」の店舗と「スターバックスオンラインストア」で、「コクヨ」とのコラボ商品である「スターバックス キャンパス...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
パーツの組み合わせは数万通り世界に1冊だけの"オリジナルノート"を作れるお店HININE NOTE〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3-5 SK代...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
このノート最大のポイントは、平綴じタイプなのにゴム留めが付いているところ。リングタイプでゴム留めがついているものは多いけれど、平綴じタイプで付いているのっ...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...