プライバシーを重んじる現代だからこそ生まれた「特別なノート」

ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。

僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。

その内容が日記だと、なおさらその思いが強くなるかもしれない。ありのままの思いを書いているし、愚痴をこぼしていることもあるから。だからこそ、見られないようにと引き出しの一番下に隠してきた。

でも、これからは机の上に堂々とノートを放っておいても大丈夫そうだ。

もう、誰にも読ませない。

この「LOCKBOOK」は、指紋認証ロック付きノート。指紋は2つまで登録することができ、それ以外では開けることができないそう。

たとえば、カップルでお互いに登録すれば、誰にも見られない2人だけの想いを綴ったノートを作ることだってできるかもしれない。

好みに合わせてカスタマイズ

自分の好みに合わせて、これだけの詰め替え用紙が選べるとのこと。

このノートには、クレジットカードやパスポートを入れるスペースがあるので、旅先に持っていく貴重品入れとしても使えるかもしれない。

他にも、ポケットや地図、付箋、定規などのアクセサリーが増えるらしいので、様々なシーンで活躍してくれそう。

どこに忘れても
読まれる心配はない

厚さは2.4cmとiPadの3倍以上。下の画像を見ても、確かに分厚いのが伝わってくる。

でも、万が一紛失してしまったときに中を見られる薄いノートよりも、かさばってしまうけれど、大事な情報を守ってくれる分厚いノートのほうがイイ、という考え方もできるかも。

この「LOCKBOOK」は、「Makuake」にてクラウドファンディング中。期限まで約40日を残しつつも、すでに目標額の2倍以上を調達。現在は赤と黒の二色展開だけど、正式販売時には色のバリエーションを増やす予定らしい。8,880円(税込)から購入可能で、今オーダーしたら8月中には届くとのこと。

Licensed material used with permission by Makuake
さて、ここからはノートの自慢。
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
中国企業「Vivo」は、画面の中に指紋認証センサーを搭載した「Clear ID」という、最先端テクノロジーを採用したスマホが大量生産できるステージにいると...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
パーツの組み合わせは数万通り世界に1冊だけの"オリジナルノート"を作れるお店HININE NOTE〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3-5 SK代...
世界中で使われている南京錠。とっても便利なんだけど「鍵をなくした」「暗証番号を忘れちゃった」といった声もチラホラ。かくいう僕もその一人だ。でも、この「BI...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
心臓のスキャンを、セキュリティに使えるよう開発したのは、ニューヨーク州立大学の助教授、Wenyao Xu博士のチームの専門家たち。近づくだけで、パソコンに...