「窓」から盗み見る、他人の生活

電車で隣になった人のスマホや同僚のPC画面、思わず見ちゃいませんか?

赤の他人なのに気になるもの。自分がそうなのだから、周りも同じ。使うときはそれなりに注意が必要です。

しかし、もっと気をつけなければいけないのは「窓」でした。

ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作した動画『Window』は、他人の1日をカーテンが開いた窓からひたすら撮り続けたもの。

黙々と作業をする男性。

ベッドに横たわり何かを操作する老人。

あなたの動きはスマホでも見られている。

「プライバシーは死んだ」と、オンライン、オフラインともに監視され続ける社会に疑問を投げかける氏。

動画を見ると、その意味がよくわかります。

Licensed material used with permission by Jason Allen Lee
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
自分の居場所と外の世界を隔てる「窓」。その向こうに何が見えますか?
「Cat’s ISSUE」と「AKOMEYA TOKYO」が初のコラボ。AKOMEYA TOKYO in la kagū店頭では「猫大祭」が開かれ、ネコと...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
アーティストのJACK ADAMの「Doll House」シリーズは、よそ家の人々のプライベートを覗きみるように写し出されている。窓の向こう側にあるのは、...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
窓が汚くて雑巾で拭いたのに、まったく綺麗にならない。「あっ、反対側の汚れだったのか…」なんてことがあります。ここで、外に出て拭けるようならまだOK。でも、...
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
ニューヨークでは、厳しい暑さや寒さのなかで車内に取り残されているペットがいた場合、彼らを救助するために、車の窓を割って中に侵入できる権限を拡大する法律を可...
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...