「窓」から盗み見る、他人の生活

電車で隣になった人のスマホや同僚のPC画面、思わず見ちゃいませんか?

赤の他人なのに気になるもの。自分がそうなのだから、周りも同じ。使うときはそれなりに注意が必要です。

しかし、もっと気をつけなければいけないのは「窓」でした。

ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作した動画『Window』は、他人の1日をカーテンが開いた窓からひたすら撮り続けたもの。

6153813505343488

黙々と作業をする男性。

6331428388208640

ベッドに横たわり何かを操作する老人。

4565299852476416

あなたの動きはスマホでも見られている。

5986490974732288

「プライバシーは死んだ」と、オンライン、オフラインともに監視され続ける社会に疑問を投げかける氏。

動画を見ると、その意味がよくわかります。

Licensed material used with permission by Jason Allen Lee
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
自分の居場所と外の世界を隔てる「窓」。その向こうに何が見えますか?
窓が汚くて雑巾で拭いたのに、まったく綺麗にならない。「あっ、反対側の汚れだったのか…」なんてことがあります。ここで、外に出て拭けるようならまだOK。でも、...
アーティストのJACK ADAMの「Doll House」シリーズは、よそ家の人々のプライベートを覗きみるように写し出されている。窓の向こう側にあるのは、...
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...
いま、世界の建築シーンでトレンドといえるのが「キネティックファサード」です。つまりは可動式要素をファサードに取り入れた建造物。その技術を集合住宅に活かした...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
出先で仕事をしたいけれど、カフェは満員だし、仕事ができそうなシェアスペースはなかなかコストがかかる…。いい場所が全然見つからない!「Deskview」は、...
「他人と比べないこと」ができれば、いまよりも幸せを実感できる毎日が待っているはず。いつも比較してばかりでは、気持ちが沈んでしまいませんか?他人と比べないこ...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
自身が経験した自由気ままな暮らしっぷりを描く,イラストレーターのYaoyao Ma Van As。快適でのびのびとした「自分の城」でくつろぐ女性たちのイラ...
だれかは泣いているし、だれかはとっても喜んでいる。