検閲のない“最も自由な図書館”が「Minecraft」に誕生

言論の自由を主張する国際的NGO「国境なき記者団」。その活動は多岐にわたるが、彼らは新たに図書館を設立したという。しかも、その図書館は意外な場所にある。
 
「Minecraft」の世界だ。
 
バーチャルな図書館は検閲の抜け穴だ。国によっては出版・流通が難しい内容の本だって、Minecraftの中なら問題ない。
 
すでにサウジアラビア、ロシア、ベトナム、メキシコ、エジプトの5人のジャーナリストによる本が公開中。そのなかには、ビンラディンへの取材後、殺害されてしまったジャーナリスト故ジャマル・カショギ氏による貴重な記録も含まれているとか。
 
図書館の設計&製作は、Miecraftを専門としたデザイン会社「blockworks」が担当。Minecraftのオフィシャルからマップ製作をオーダーされるほどの実績を持つ会社だ。彼らがデザインした新古典主義を基調とした豪華絢爛な図書館は、下の動画で公開中。今後、蔵書が増えることを期待したい。
© Reporter ohne Grenzen/YouTube
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事