検閲のない“最も自由な図書館”が「Minecraft」に誕生

言論の自由を主張する国際的NGO「国境なき記者団」。その活動は多岐にわたるが、彼らは新たに図書館を設立したという。しかも、その図書館は意外な場所にある。
 
「Minecraft」の世界だ。
 
バーチャルな図書館は検閲の抜け穴だ。国によっては出版・流通が難しい内容の本だって、Minecraftの中なら問題ない。
 
すでにサウジアラビア、ロシア、ベトナム、メキシコ、エジプトの5人のジャーナリストによる本が公開中。そのなかには、ビンラディンへの取材後、殺害されてしまったジャーナリスト故ジャマル・カショギ氏による貴重な記録も含まれているとか。
 
図書館の設計&製作は、Miecraftを専門としたデザイン会社「blockworks」が担当。Minecraftのオフィシャルからマップ製作をオーダーされるほどの実績を持つ会社だ。彼らがデザインした新古典主義を基調とした豪華絢爛な図書館は、下の動画で公開中。今後、蔵書が増えることを期待したい。
© Reporter ohne Grenzen/YouTube
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
政府によって真実を伝えることが難しいジャーナリストたちが考えたのは音楽ストリーミングサービスのプレイリストを使うこと。音楽ディレクターとコラボし、伝えたい...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。