122歳の僕がクナウスゴールの新作を読んだら死んでまうわ!――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい。

僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。とくにイギリスでは、ガーディアン紙が「21世紀の文学的マスターピース」と絶賛するほどです。日本でも出版されているので読んだことがあるかもしれない。とにかく僕は彼の新作を心待ちにしていました。

ところが、先月クナウスゴールの新しい本がニュースになりました。彼の次回作の小説の出版は2114年になるそうです。2114年です。間違いじゃありません。95年後です。22世紀のマスターピースです(笑)。

95年後に出版される理由

なぜ出版が95年後なのか?

その理由はスコットランドのアーティスト、ケイティ・パターソンの「The Future Library(未来の図書館)」というプロジェクトによります。

2014年にはじまったこのプロジェクトでは、オスロ郊外にあるNordmarkaという森に1000本の木を植えるところからスタートしています。2014年〜2114年の100年の間に、毎年一人の作家が1冊の本を書き、2114年になったら育った木を材料にした紙で本を作ろうというのです。つまりこのプロジェクトは100年かけて、本を木を育てるところからはじめようというのです。

クナウスゴールだけでなく、『侍女の物語』のマーガレット・アトウッド、『クラウド・アトラス』で知られるデイヴィッド・ミッチェルもこのプロジェクトに参加しています。

まあ、アートプロジェクトですね。エコでもあります。未来の世代に現代の文学を贈るというのはとてもいいアイデアだと思います。かっこいいビジョンです。

作家のファンとして

だけど、僕はセルフィッシュすぎると感じました。僕はただ好きな作家の本を読みたいんですよ。95年も待てない。2114年に僕は122歳になっています。これまでのライフスタイルチョイスを考えても、122歳まで僕が生きられる可能性はかなり低い。もしも生きていたとしても、122歳の僕がクナウスゴールの超エキサイティングな本を読んだら、死んでまうわ!

クナウスゴールの次回作が本当にエキサイティングかどうかもわからない。僕は彼のファンなので、絶対素晴らしいと信じているけれど、実際はわからない。だから、僕はクオリティチェッカーとしてボランティアしたいと思います(笑)。

Top image: © Naomi Nemoto
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。