122歳の僕がクナウスゴールの新作を読んだら死んでまうわ!――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい。

僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。とくにイギリスでは、ガーディアン紙が「21世紀の文学的マスターピース」と絶賛するほどです。日本でも出版されているので読んだことがあるかもしれない。とにかく僕は彼の新作を心待ちにしていました。

ところが、先月クナウスゴールの新しい本がニュースになりました。彼の次回作の小説の出版は2114年になるそうです。2114年です。間違いじゃありません。95年後です。22世紀のマスターピースです(笑)。

95年後に出版される理由

なぜ出版が95年後なのか?

その理由はスコットランドのアーティスト、ケイティ・パターソンの「The Future Library(未来の図書館)」というプロジェクトによります。

2014年にはじまったこのプロジェクトでは、オスロ郊外にあるNordmarkaという森に1000本の木を植えるところからスタートしています。2014年〜2114年の100年の間に、毎年一人の作家が1冊の本を書き、2114年になったら育った木を材料にした紙で本を作ろうというのです。つまりこのプロジェクトは100年かけて、本を木を育てるところからはじめようというのです。

クナウスゴールだけでなく、『侍女の物語』のマーガレット・アトウッド、『クラウド・アトラス』で知られるデイヴィッド・ミッチェルもこのプロジェクトに参加しています。

まあ、アートプロジェクトですね。エコでもあります。未来の世代に現代の文学を贈るというのはとてもいいアイデアだと思います。かっこいいビジョンです。

作家のファンとして

だけど、僕はセルフィッシュすぎると感じました。僕はただ好きな作家の本を読みたいんですよ。95年も待てない。2114年に僕は122歳になっています。これまでのライフスタイルチョイスを考えても、122歳まで僕が生きられる可能性はかなり低い。もしも生きていたとしても、122歳の僕がクナウスゴールの超エキサイティングな本を読んだら、死んでまうわ!

クナウスゴールの次回作が本当にエキサイティングかどうかもわからない。僕は彼のファンなので、絶対素晴らしいと信じているけれど、実際はわからない。だから、僕はクオリティチェッカーとしてボランティアしたいと思います(笑)。

Top image: © Naomi Nemoto
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...