インドのYouTubeチャンネルがすっごい人気なのは自然の摂理──ベンのトピックス

みなさん、ごきげんよう、ベンのトピックスです!

ちょっと前に書いた「竹内まりやの記事」を読んでくれましたか?まだだったら……読んでね!

あの記事で、竹内まりやのこと書きましたけど、YouTubeのアルゴリズムの話もしました。そこででてきた「キング・オブ・アルゴリズム」のことを覚えてますか?

今日は、そんなYouTubeのアルゴリズム的に成功しているチャンネルと、その結果見えてくるユーザー数の大きな構造変化についてお伝えしたいんです。

「キング・オブ・アルゴリズム」のチャンネル

日本のYouTubeユーザーの数、特に若い層はどんどん増えてますよね。

前の世代がテレビに憧れたように、YouTubeなどのインターネット上のプラットフォームでエンタメコンテンツを見つけています。これにはイイ部分もワルい部分もあるとベンは思っています。

多くの人に使われてて、誰でも簡単に利用できるプラットフォームというのは、新しいクリエイターや新しいコンテンツを発見するのに適してますよね。でも、子どもがアクセスするから、無修正のコンテンツがいくつもあるのはちょっと危険です。

で、いま日本のユーザー数は世界のトップ10に入るくらいいます。でも、やっぱり、YouTubeと聞くと「アメリカ」ですよね。数がぜんぜん違う。

アメリカは人口の50%以上がYouTube愛用者で、どこの国とも比較にならない数!(中国は、YouTubeが禁止だから単純比較はできないのかもしれないけど)。

それだけ巨大なアメリカのYouTube市場だけど、子どものユーザー数がすごい増えてます。そして、アメリカの子どもの滞在時間はヤバいです。

というところで、最初の「キング・オブ・アルゴリズム」を紹介しますね。

7歳のライアン・カジさんです!

日本でも知ってる人が多いと思う「Ryan's Toys Review (ライアンズ・トイズ・レビュー)」。タイトル通りなんだけど、ライアン・カジくんがオモチャをレビューするチャンネルです。

やってること自体は普通なんですが、7歳のライアンの年収は25億円を超えています(今年は30〜40億円ぐらいになるかも)。

どうしてこのライアンズ・トイズ・レビューはそんなに稼げるのかは、アルゴリズム的によくできている点が多いから。
まず、ライアンの動画は“どれも時間が長い”こと。そして、“頻繁にコンテンツをアップロード”している。関連する「次の動画」がどんどん続くから、“滞在時間もスゴい”ことになる。
そんなファミリーフレンドリー(いやいや、広告会社フレンドリーだよね)で、オモチャメーカーとか動画スポンサーも見つかりやすいコンテンツ。

実際にこれを見始めると、「次の動画」や「オートプレイ」ボタンをお腹が空くまで押し続けてしまう子どもが多いんです。

そんなことがあるから海外ではYouTubeの子ども向けコンテンツについて、見過ぎてしまうのを制限したり、好ましくないコンテンツから防ぐ方法がないのか、議論されることが多いです。

でも、子どもを糖分やタバコ、アルコールといった中毒性の高いものから遠ざける手段はたくさんできているけど、ゲームやSNSは、ほぼ無制限。これは社会として、複雑な問題だよね。

ちなみに、ベンはゲームもSNSも嫌いじゃないし、よく使ってるけど、安全なものだとは思ってないです。

ベンが紹介したいのは
こっちの「キング・オブ・アルゴリズム」

子どもに与える影響の多いライアンのチャンネルだけど、今日ベンが本当に紹介したかったのは別にあります。このチャンネルは、YouTubeだけでなくインターネット全体の人口分布の変化も示しているんです。

それが、YouTubeでもっとも登録数が多いチャンネル「T-Series」です。

T-seriesがYouTubeのトップに躍り出たのは、ごく最近。ほとんどの日本人は知らないだろうし、アメリカでもそんなに多くのユーザーに見られているわけではありません。ただ、ヨーロッパ、特にイギリスだと、登録者のコミュニティがあったりもします。これらの結果も、地理的な理由なんです。

もったいぶってるけど、もうちょっと成功した理由のヒントをお伝えしましょう。

T-Seriesはボリウッドのチャンネル

成功の理由、だいたいわかりますよね?

YouTubeは世界のどこよりも、インドで新規ユーザーを獲得しています。やはり世界第2位の人口がいる国だし、第1位の中国が検閲で不自由なインターネット市場になってますよね。インドはまだまだ発展途上の国なんだけど、スマホとインターネットユーザーは急増。数年かけて、政府と通信事業会社がインド中に巨大な4Gのネット環境も整備しました。

だから、YouTubeにアクセスできる環境は抜群。インドのレストランでは、テレビが置いてあってボリウッド作品や音楽が勝手に流れてくるのが普通のことでした。でも、いまはお店もお客もテレビが必要ない。4GのWi-Fiが揃っていてインターネットにどこでも繋がるから、食事をしながら多くの人がダラダラとYouTubeを見ます。こういう条件はアルゴリズムに強く味方します!

話をT-Seriesのことに戻しますが、このチャンネルをつくっている「スーパー・カセッツ・インダストリーズ」という会社もアルゴリズムに適う一因。インドのレコードレーベルであり、映画製作会社でもあります。1983年に設立されて、インドのソニー・レコード(ソニー・ミュージック・インディア)より大きいくらい。

彼らは、設立から35年以上かけてつくってきた音楽と動画をたくさん保有しています。そして、ボリウッドは映画やMVをハリウッドと比較にならないスピードでバンバンつくります。だから、古いのも新しいのもコンテンツをたくさんアップロードできるんですね〜。新しいファンも昔のファンも楽しめるわけです。

そしてT-Seriesのように、1日5回もコンテンツをアップロードしていれば、アルゴリズム的にヒットする条件にマッチします。

インドは、アメリカみたいに子どものインターネット利用に規制もほとんどないから、子どもだって夢中になってしまう。識字率がまだまだ低いインドにとってはイイことかもしれないけど……。

それに、インドではWhatsappの詐欺とか、フェイクニュースの問題だって多い!でも、インターネットをやめることはできないんですよね。

将来どんなアルゴリズムに修正される?

前回の「竹内まりやの記事」の記事で書いた通り、YouTubeのアルゴリズムは怖いほど有効だと思います。

このままならば、40年経っても竹内まりやを聴く外国人ユーザーを見つけることができるだろうし、子どもたちが無限に夢中になるコンテンツを与え続けることもできる。YouTubeをチェックするインドのインターネットユーザーは、まだまだ増える。

このアルゴリズムはスゴく興味深くて、将来どのように修正をかけてくるのかも楽しみです。いや、ベンは本当はその力を少し怖がっているかもしれない。でも、ジャーナリストとして、元研究者(ベンはロンドン大学の大学院生だったんです)として、アルゴリズムから学べることはたくさんあると思うんです。

だから、ベンもYouTubeをチェックし続けちゃいます(笑)。

世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...