Self-Help本以外も読みませんか?――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

今回のテーマは読書です。

僕は読書が大好きです。どこに行く時も本を持っています。フィクション、ノンフィクションはどっちでも。素敵な本に夢中になるのは最高ですよね。

最近読んだのはトルストイの『アンナ・カレーニナ』。

英語版で約800ページの激厚い一冊です。友だちは「へぇー、そんな長い本読むの〜」とか「難しくない?」とか言うけど、長いから読みづらいってわけではありません。キャラクターと物語が素晴らしいこの小説にはうっとりさせられました。文章表現もすごいし、ユーモアもあります。日本語版もあるので、興味ある人は……おっと、僕は何もお気に入りの本を紹介したいのではありませんでした。

僕が言いたいのは、なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそんな本を手にとっている若者ばかり見かけます。

全部悪いってわけじゃないけど……

Self-Help本やビジネス本のすべてが悪いってわけじゃありません。ただ“そういう系”の本のなかには、まずいモノもあるという話です。

「幸せになる方法」とか「ビリオネアになる方法」とか「人生の意義とは……」とか。僕が思うのは……

幸せって複雑な概念です。「幸せ」を探したら見つかるのかな?

ビリオネアたちって、オリジナルアイデアを持つ、すごく強い意志がある人。そういう人は「ビリオネアになるための本」を読んでそうなったのかな?

人生の意義は、自分で作るものじゃないですか?

当たり前だけど、これは日本に限った話ではありません。海外でもこの手の本はたくさんあります。

例えば、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』という本です。日本でも人気がありますね。彼女は「エレンの部屋」なんかにも出演経験がある、世界的な有名人です。だけど、『ザ・シークレット』の"シークレット"は簡単にいうと「祈ろう、ポジティヴな考え方が大事だよ」っていうことです。僕はちょっとナンセンスだと思うけど、Amazonのレビューを見たら5⭐️ばかりです……。

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』も人気が高い本です。この本はアンドリュー・カーネギーとのインタビューが下敷きになっているとされているけれど、実はヒルはカーネギーに会ったことがないと言われています。ヒルがインタビューした証拠がないんですね。

もっとほかの本も読もう!

個人的な意見をはっきりに言うと、そういう本しか読まない人はあまりおもしろくない。

もちろん、Self-Help本やビジネス本にもいい本はたくさんあるだろうし、その根底にある心理学は進化していくものなので、僕なんかが知らない新しい考え方なんかもたくさんあると思う。それを無視するのはよくないね。

だけど、キャロル・S・ドゥエックの『マインドセット「やればできる! 」の研究』が流行した時は、テレビでも毎日毎日「グロース・マインドセット」とかばっかりだった……。「レブロン・ジェイムスのグロース・マインドセット」、「ビル・ゲイツのグロース・マインドセット」とか、そんなのばっかり。僕の周囲にもその1冊しか読んでないのに、突然マインドセットのエキスパートになった人がいました(笑)。ドゥエックの話題になったセオリーはおもしろいけど、セオリーです。他のセオリーもありますよ。当たり前だけど。

僕だって読みますよ、Self-Help本やビジネス本。そこから勉強することもある。だけど、そういう本だけが視野を広げてくれるんじゃないって話です。

個人的には文学が好きけど、僕の妹は歴史とか経済とかノンフィクションのほうが好きです。彼女との会話はとてもおもしろいです。僕が読書をするのは、日常から脱出するためです。

もしもSelf-Help本やビジネス本ばかり読んでいるなら、もっと他の本も読もう。余計なお世話だけど……。

Top image: © Naomi Nemoto
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!もう2019年は過去のことですが、「ベスト・デスティネーション」に関しては終わっていないんですね。今回はヨーロ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...