手が汚れない「左利き用ノート」がついに商品化へ

左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?

5f76f21cc3568dc5317ac1c1e5804fc5d8edacb5

ハイ!手が汚れます!

08f117054d490d64db1b650ba3b0301c2de080bc

利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そんなあなたのために開発された新しいノートがありますよ。

左利き用ノートって?

4bff5972bac3390a6c144ff8057950abb5a4f45f

一見ふつうのノートですが、ページを開くとほんの少しだけ工夫されているところがあります。それがこれ。

Fd228053482097720a2d25d9138f49acd4f51b8d

気づいたでしょうか?じつは、罫線が右肩下がりに描かれているんです。そのため書いた文章に対して左手のひらが当たりにくくなる仕組み。

Kickstarter」でクラウドファンディング中の商品「Leftybooks」は、A5サイズが8ポンド(約1,400円)、B5サイズが10ポンド(約1,800円)から事前予約できます。

日本から購入するには送料が13ポンド(約2,300円)もかかるため、ちょっと普段使いとしては現実的ではないかもしれませんが、アイデア商品としてはグッド!左利きのあの人に贈ってあげてね♪

Reference:Kickstarter
左利きの人が思わず「あるある」と共感してしまう特徴をまとめました。左利きって便利なのか、そうでないのか、あなたはどっちだと感じていますか。気分転換に、ちょ...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
一説によると、左利きは全人口の10〜12%。圧倒的に少数派の彼らには、まだまだ世間に知られていない特徴が数多くあるのだとか。正直、「それってホント?根拠は...
世の中には左利きの人の方が圧倒的に少なく、一説には人口全体の10%程度という意見も。それゆえ、右利きがスタンダートとして作られた製品も多く、左利きは不便な...
さて、ここからはノートの自慢。
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
昨夏に公開されたコンセプト動画で、多くの人の気持ちを高揚させた超小型電気自動車「WALKCAR(ウォーカー)」。あれから約1年。ついに商品化が実現し、予約...