鍵も暗証番号もいらない「南京錠」

世界中で使われている南京錠。とっても便利なんだけど「鍵をなくした」「暗証番号を忘れちゃった」といった声もチラホラ。かくいう僕もその一人だ。

でも、この「BIOMETLOCK」なら、そんな心配はゼロ。なぜなら、あなたの指紋が鍵となるからだ。

世界最先端のキーレス南京錠

5603766841638912

シンプルに見えるけど、こいつは世界最先端の指紋認証(生体認証バイオメトリック)技術を採用している。登録した指紋で鍵が解錠されるまでの時間は、わずか0.7秒。鍵を探したり、暗証番号を回したりするよりも断然速い。

しかも、最大30人まで指紋登録が可能なので、家族や恋人、友人などとも共有することできる。これなら合鍵を作る必要もない。職場や学校のグループロッカーやマンションのポスト、スポーツジムなどの共用ロッカーなど様々な使い方をイメージすることもできる。

6725713499521024

頼りがいのある
小さな相棒

6729666748481536

使い方はいたってカンタン。指紋登録方法は、指をセンサーに当て、7回スキャンするだけ。また、充電方法もサイドのUSBカバーを開けて、スマホなどに付属しているMicro USB Cableに差し込んでPCに接続するだけ。

一回の充電時間は、約1.5時間。それで、約1,200回も使用することができる。もちろん、充電さえすれば、何度でも繰り返して使うことができる。

気になるのは、誤差。つまり、間違って登録していない人の指紋で解錠されてしまわないか。この誤差率に関しては、わずか10万回の1とのことだ。1台数万円もする指紋認証のスマホの誤差率が、5万回〜10万分の1ということを考えればコストパフォーマンスは高いと言えるだろう。

8倍以上の資金調達に成功

5976927827394560

「BIOMETLOCK」は、クラウドファンディングの『Makuake』で、限定先行発売中。すでに目標達成額の8倍以上の資金を集めていることからも、注目度の高さが伺える。

カラバリは、シルバー・レッド・ブルーの3色。ビジネスからプライベートまで様々なシーンに合わせて色をチョイスするのもアリ。気になる価格は、現時点で7,800円から。詳細を知りたければ、コチラをチェックしてみよう。

6651621555568640
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
心臓のスキャンを、セキュリティに使えるよう開発したのは、ニューヨーク州立大学の助教授、Wenyao Xu博士のチームの専門家たち。近づくだけで、パソコンに...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
同じものを持った人はふたりといない、とも言われる「指紋」。最近では、ピースをしているスマホの写真からも指紋分析できる、なんていうニュースも話題になりました...
ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。でも、その根底にある...
鍵は夢のなかで、精神世界の扉を開ける道具として現れます!では、細かくはどんな意味が含まれているのでしょう?<鍵の扱いに要注目>秘密や心の扉を開けるものを暗...
真鍮のワイヤーを曲げて、キャップを付けただけ。だけど、カギをつけるアクセサリーに劇的な機能やブランドの記号を求めてない自分にとっては、完璧です。
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
「Exo」は、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布です。1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り...
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」には、炭酸飲料を入れることができるのだとか。フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発...
捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMiche...
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
「NichePhone-S」は、SIMフリーでNTTドコモとソフトバンクの3G回線に対応しているガラケーです。主な機能は、通話、SMS、録音機能、Wi-F...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
よく考えてみると、私たちは、一年で何度はんこを押すだろう?たとえば、サラリーマンは見積書や承認時など、それなりに押す機会はありそう。じゃあ、主婦はどう?パ...