約340年前につくられた「ドアロック」には、謎解きのような楽しさが詰まっていた

ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。

でも、その根底にある人の技というのはわりと血の通ったもので、昔のものだって侮れない。1680年頃、イギリスの鍵屋だったジョン・ウィルクスによって作られ、今はアムステルダム美術館に収蔵されているこの「ドアロック」は、私たちにそんなことを教えてくれる。

3つの仕掛け
あなたは気付ける?

797d8ada1b9ab151c3d5809306496b522cd17dfa

一見、銅版画のようだが、実は宝石など貴重なものを保管する部屋のドアに使われていた二重施錠の防犯用品。精巧なのはそのデザインだけではない。驚くべき仕掛けが3つほど隠されているのだ。

01.
帽子のスイッチで
簡単施錠

まずは男性の頭部に注目。一見ただの飾りのこの帽子は、実は左に傾けることができる。すると二重にある鍵の簡易的なほうのボルトを一瞬でしめられるのだ(写真をよく見ると帽子のすぐ左にスライドの跡がうかがえる)。

開け方も簡単。普通のプルノブに見えそうな左中央の大きな取っ手を、男のハットを傾けながらまわすと解錠。

でもこれだけじゃ宝物を守るのには不安かも。メインボルトのほうまで二重にロックしたい時には、そのための鍵が必要になる。その大事な鍵穴がこんなに大きいと、目立ってしまう気もするけど…。

02.
脚を上げ下げして
鍵穴を隠す

実は鍵穴は、男の脚で隠せるのだ。下部中央の釘か何かのようにみえる小さなボタンを押すと、足が上に持ち上がり鍵穴が現れる。写真は持ち上がった状態。普段は脚を下ろして鍵穴をすっかり隠してしまえば、泥棒は鍵を開けようにもどこからとっつけばいいかわからないし、もしかしたらこれがドアロックだとも気づかないかもしれない。

帽子や脚が踊るようにぴょこぴょこと動くのは、見ていても面白く、物語に出てくる隠し部屋のような不思議な魅力がある。現れた大きめの穴に透し彫りの鍵を差し込み、何回か回すと、しっかりとしたメインボルトが目一杯施錠される。

03.
開けられた回数も記録

鍵が開くと右のダイヤルが少し回って、男のもつ槍状のポインタがさす先の数字が増える。実はこのダイヤル、主人のいない間に何回鍵が開けられたかカウントしてくれるものなのだ。このことから「dectector lock(見破る錠)」とも呼ばれる。数字が100になると鍵は開かなくなるそうだけど、いない間に100回も開けられたら、さすがに宝物庫も空っぽなのでは?

ちなみにダイヤルは、男の襟元にある小さなボタンを押すことで0に戻すことができる。もし100回開けられてロックされてしまっても、安心だ。

A6946166c6f5cd3adc305bc20b7a6c392cca6d5f

この美しくも遊び心溢れたドアロックは、今でいう「スマートキー」のようなもの。17世紀のものなのに、今見ても驚く。どこか懐かしい、人の温もりや茶目っ気もたっぷりだ。泥棒だって、この鍵に煩わされつつもどこか楽しくなってしまいそう。

たくさんの秘密が詰まったこのロックが、秘密の宝庫を守ってるなんて、なんだかとてもロマンチックだ。技術を進歩させるのはいつの時代も、人々のロマンなのかもしれない。

実際の動きはこちらの動画へ。百聞は一見に如かず。芸術的な仕掛けに心踊るはずだ。

Licensed material used with permission by V&A
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
「ロック・スター、ホテルで暴れがち〜」とは、かのレイザーラモンRGの名言(?)だが、そんなイメージを植え付けたのは、あるいはレッド・ツェッペリンの功罪とい...
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
去る7月13日の「International Day of Rock'n'roll」にちなんで、音楽ストリーミングサービス・Spotify(スポティファイ...
大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロ...
僕にとってキーツールは、すごく役立つものっていうよりも、賑やかしの要素が強い。キーホルダーと同じようなポジションだと思ってる。だけど、〈NITE IZE(...
犬や猫のような見た目ながらも、骨格むき出しな見た目やカクカクした不気味な動きでたびたび気味悪がられていた四足のロボットたち。ただ、その能力は高く、悪路走行...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...