一石二鳥の「自転車ロック」に脱帽

街乗りの自転車が高級化しつつあり、中には1台あたり数百万円のものまで…と価格は高沸している。

残念なことに、価格に比例して自転車の盗難も増加しているのが現状。警察庁の調べでは、2015年の盗難件数は約30万件。しかも、そのうち40%は鍵をかけていたにもかかわらずに盗まれているとのこと。

そんな事情もあって、ブルックリン発の自転車ロックが注目を浴びている。

最強の自転車
セキュリティが上陸

56a07c124f78f906a7c9d1fded12a42f64421c79Ccb26896a9437fbee0748534547f89ea5ef0eb6c

「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切断することができないほどなのだ。これは、Hardened Steelという特殊な素材を使っているため。

以下、実際にボルトカッターで切断を試みたらしい。すると、13ミリの鎖はカットできたが、「SEATY LOCK」は外側のプラスチックが削れただけだったとのことだ。

67a87698381b8b8f17c5ab96b83507b6201faaaa

サドルも守れる
「2重ロック」

D2a867020610a76d0d49b7e332225e6a8f499667

もう1つのポイントは、サドル自体がチェーンロックになるために、自転車本体だけでなくサドルも守れるところ。

数年前、日本国内でも女性のサドルを200個盗難した男が捕まったが、サドルのみが盗まれるという被害も急増する中、2重ロックができる設計は、画期的でより安心できるといえるだろう。

乗り心地も快適

いくら丈夫なチェーンロックになるとはいえ、乗り心地が悪かったら本末転倒である。しかし、「SEATY LOCK」は、人間工学に基いた快適で疲れない乗り心地にも力を入れているのだ。元から付いていたサドルと比べた際に圧倒的に乗り心地がアップしたという、声もあるほど。

愛車にマッチする豊富な
カラーバリエーション

Dedd52cdf686ef8f540b02cc47bb8973adac3a8e

これまで付け替え用のサドルって、カラーリングに乏しいのがお決りだった。でも、そこらへんの心配もいらない。カスタマイズすることがあたり前になった世代には、このカラバリは嬉しいハズ。

デザインパターンもいくつか用意されているみたいなので、自分の愛車にピッタリなサドルを見つけることができるだろう。

B82929aad611d08d5a61ed8d9e6f732a6c557811

現在、「SEATY LOCK」は、クラウドファンディング「Kibidango」で資金調達に向けて準備中。資金が集まれば、サイクリストたちに最強ともいえるロックシステムが提供されることになる。

今は、準備段階なので、具体的な価格も提示されてはいないが、プロジェクトにコメントできたり、フォローすることはできる。フォロー後は、数量限定商品や優先割引価格などが届くようになる。お得な最新情報を手に入れたい人は、この機会にフォローしてみよう。

Licensed material used with permission by きびだんご事務局
ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」は、サドルが強固なロックを兼ねるという画期的なアイデアを実現...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10http://www.hrm.co.jp...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
水筒の蓋に唇が触れるとセンサーが働いて、自動で開閉してくれる水筒Lyd。不注意でこぼしてしまうことがないから安心です。
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。でも、その根底にある...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...