ありそうでなかった世界初の「AI搭載ライト」

自転車通勤をする人を多く見かけるようになりました。それだけ、事故に遭う確率が高まっているということも意味しているのかもしれません。

紹介するアイテムは、現在の技術レベルを考えるとあってもおかしくないモノ。でも、どうやら世界初の発明品のようです。

自動で走っている道を認識し
光るパターンを変えてくれる

車を運転している人には分からないかもしれないけど、横を勢いよく駆け抜けられると、「危なっ!」と思う時があります。もちろん、当たらない距離なのだろうけど…。

自転車用ライト「See.Sense ACE」を使えば、そんな心配もなくなるかもしれません。なぜなら、車が後ろから来たら、光るパターンを変えて、ドライバーの注意を喚起してくれるから。仕組みとしては、搭載されているAIが車のライトを探知して、自動的に反応してくれるようです。

さらに助かるのは、使っていくうちに通勤ルートを把握し、それまでの記録を踏まえて、勝手に光るパターンを変えてくれるポイント。要するに、交通量の多い道路に入ったら、注意を引くように点滅してくれるということ。

ちなみに、専用アプリをダウンロードしておけば、自分のスマホとライトの距離が離れた場合に警報を鳴らしてくれるそうですよ。

Licensed material used with permission by See.Sense
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。