自家栽培ができるライト

自然欠乏症候群。本来は、現代を生きる子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう不眠や慢性疲労などの症状を表します。とは言っても、都会に暮らす大人にも当てはまるような気も。

で、自然と触れ合っていない大人に知って欲しい、この「Brot」。

灯りをつければ、野菜などを育てられる仕組み。自家栽培ができるってことです。もちろんライトとしても使えます。

自然をもっと身近に。観葉植物をレイアウトするのもいいけど、ただ飾るだけじゃないって点で「Brot」はイイ感じです。

Top image: © Brot
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

このバスターミナルは屋根にソーラーパネルが設置されていて、ライトや電光掲示板、待合室の空調管理などに必要な電力を全て自家製でまかなえる。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
月光を再現した三日月型インテリアライト「BELLA LUNA」が応援購入サービス「Makuake」にて10月25日まで販売中。
「Nanoleaf Shapes(ナノリーフ シェイプス)」 は、カナダのグリーンテクノロジー企業「Nanoleaf」が開発したパネル型スマートLEDライト。
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
スピルリナなどの藻類を自宅で簡単に育てられるデバイスが発表された。中国の「清華大学」と「ミラノ工科大学」の共同成果をデザイナーのmaurizio vren...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。