種まきや水やりなど、家庭菜園を全自動化する「FarmBot」。

ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、
いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。

ところがどっこい。

家庭菜園は自動化できるのだ!
ひみつ道具みたいな設備がすでに販売されている。

畑仕事は、ロボットにおまかせ。

FarmBot」は、畑を管理するロボットと、その動きをPCやスマホで設定して自動化できるシステム。

どこに何を植えるかをドラッグ&ドロップで選ぶ。
同じエリアに違う種類の野菜があっても、問題なく個別に管理できる。

種を植えたり、土の湿度を測って適量の水をあげたり。
設定通りに面倒をみてくれる。

スマホやタブレットでも管理可能。

雑草をカメラで検知し、土の中に押し込んで埋めてしまうことも。
農薬を必要最小限の量で使うのもアリ。
アームの先端部も、目的に合わせて自動で切り替えられる。

設備は、アルミ・ステンレス・スチール・プラスチックで作られていて雨にも強い。ビニーハウスの中でも使える。

電力はソーラーパネルからも得られる。

インターフェースがわかりやすく、
オープンソースだからデザインは自由。
CADデータもすべて公開されているので、
自分でシステムやパーツを改良できる。

正確な、家庭菜園。

「FarmBot」のサイズは1.5m x 3m。日本からは送料込み・$3,450ドル(約38万円)で購入できる。もしも、一家に一台持つような日がやってくれば、食料自給率が上がるよね…なんて意見も出ているみたいだ。

Reference:FarmBot
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
家庭菜園のハードルをぐっと下げてくれる「OGarden Smart」。水やりをしなくても、日光が当たらないところでも、このマシンが勝手に調整してくれます。
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
「Samsung」が発表したAI搭載の新ロボット「Ballie」は、最先端のIoT技術と連動することで、ゴミを感知して自動掃除機を稼働させたり、留守番中の...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
「ローカルフードサイクリング株式会社」は、畑や庭などを所有していない都市部に住んでいる人でも家庭からの生ごみを減らすことができる「LFCコンポスト」の販売...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!