はじめての家庭菜園の味方。アグリセンサー「grow CONNECT」

家庭菜園をはじめると「水やりの頻度はどのくらいだろう」「これはもう食べてもいいのだろうか」と不安は尽きない。そんなところに、心強い味方が登場した。

野菜栽培に必要な6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「grow CONNECT(グロウ コネクト)」。種を蒔いた家庭のプランターに設置すれば、日照土壌温度土壌水分量などを自動で測定。データをもとにAIが解析し、水やりのタイミングから収穫時期まで、専用アプリを通して教えてくれる。

さらに、搭載されたカメラでどこからでも野菜の様子が見守れる機能も。アプリ内で家族や友人と野菜の成長がわかる写真をシェアして、みんなで楽しみながら育てられたら途中で挫折することもなさそう……(笑)。

月額会員制サービスに登録すると、AIだけでは解決しきれないトラブルを、データと写真を通して専門家に見てもらえるという。

8月27日まで、応援購入サービス「Makuake」にて販売中。家庭菜園を途中で諦めてしまった人も、はじめて野菜を育ててみたいという人も、これを機に野菜作りにトライしてみては?

©プランティオ株式会社
©プランティオ株式会社
©プランティオ株式会社

grow CONNECT
【購入ページ】https://www.makuake.com/project/grow-connect/

Top image: © プランティオ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

家庭菜園のハードルをぐっと下げてくれる「OGarden Smart」。水やりをしなくても、日光が当たらないところでも、このマシンが勝手に調整してくれます。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
ペットボトルを利用して、部屋で簡単に家庭菜園を楽しめるキット「Bottle Farm」が注目を集めている。このキットを使用すれば、ペットボトルを用意するだ...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。