たった10日で野菜がすぐ育つ!?手軽な「ミクロガーデン」が気になる

家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局芽が出なかったり、枯れてしまったり。

そんなあなたに知っておいてもらいたいのが「EcoQube Frame」。たった10日で、栄養たっぷりの野菜ができてしまうというスグレモノなんだとか。

場所をとらない
家庭菜園

Cd84dc00e7890c2c6a7e04181c3fa0203ab64b14422c02b5905cb0d698fa748441cb5f6bbab65881

観葉植物ではありません。

これは場所を取らずに簡単に野菜ができてしまうミクロガーデン。見た目がかわいい上にコンパクトなので、どこにでも好きなところに置けちゃいます。

E624de92cb08e01e41eb788fd23b8c1c02c40a6e

薄いので、なんと壁にかけて使用することも可能だとか。

家庭菜園というと立派な庭が必要なイメージですが、これなら家が狭くても大丈夫。

水を入れて
10日待つだけ

847dc0f8c1e96b3728927f2215a403c0f7c98f93Dd7521c1d91fafa148ae54b88a1080698eddadd5

使い方は簡単。水を入れて、ボードをセットするだけ。

ボードには特殊な素材が使用されていて、つねに植物にほどよい水分を与えてくれる仕組みだとか。 

16d387f904fd65a21b85f3f329b2e49dce33f87714ff8aa3e63d113ad65d9af8a6efaaf7846d73fc

面倒な水やりやお手入れは不要で、黙って見ているだけで毎日少しずつ野菜が育つ様子が楽しめます。

10日ほど待てば、食べられるくらいの大きさまで育つのだそう。

普通の野菜よりも
栄養が豊富!?

8d4a0d3ffb158e002ee824d0c7693b17ea870a31

お世話が楽なだけではありません。この「EcoQube Frame」で育てられた小さな野菜は、なんと普通の野菜よりも栄養価が高いのだそう。最大で普通の野菜の40倍にもなるとか。

楽に育てられて栄養豊富、とのこと。

好きな種をセットできるから
可能性はいろいろ

6e36ff21c790bc9d6545ec621a0bd8cca560271dD29f2f24c9e3787dea4ed30d7f45caf7d3185892E98156131d4defda9cdb180fa919cecba28834a6

お部屋でできた野菜は、サラダはもちろん、スムージーにしてもおいしく食べられます。

パッドに好きな種をセットすれば、いろいろな野菜が栽培可能。食べられるものだけでなく、サボテンなどを育ててインテリアにするのも素敵です。工夫次第で可能性は無限大。

現在、Kickstarterで支援を募集中。これまで、何度も緑を枯らしてきた人にとって、この手軽さは魅力的に見えるはず。

29%OFFのコースは、49ドル(約5,400円)とお買い得ですが残りわずか。気になる人は急いだほうがいいかも。

Licensed material used with permission by Aqua Design Innovations
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。