今年も「パクチーの種」無料配布!【200人限定】

​​パクチー普及のために2007年からパクチーの種を配布しているパクチー銀行が、2021年も​「パクチー育てる」89日間 国民運動を開催。キャンペーンは5月13日から8月9日までの89日間

最終日の8月9日は、2005年に日本パクチー狂会が制定した「パクチーの日」。この日までの89日間は、主にオンラインで随時イベントも開催されるという。

ちなみに「パクチー銀行」とは、担保を元に貸す通常の銀行のやり方を変え、信用で貸すマイクロファイナンスでバングラデシュのムハマド・ユヌス氏が2006年にノーベル平和賞を獲ったのを受け、日本パクチー狂会の佐谷恭氏が立ち上げた、「担保どころか信用すらいらず返済の義務もない銀行」。

現在全国にある12の支店でパクチーの種を受け取ることができるのだが、返済の義務はなく、栽培がうまく行った暁には、まず自分の次の季節の種まきに使ってもらう。

余った種は家族や友人に渡し、それでも余っていたら、パクチー銀行の本店または各支店に返済できるという仕組みだ。なんと、毎年数千人に融資を実行しているらしい。

なにはともあれ​新型コロナウイルスの感染拡大で、自給自足食料自給率向上への関心も高まっている昨今。

家庭菜園をはじめてみたいけど、まだ踏み出せていない、もしくは新しい趣味を探しているなんて人も、トライしてみる価値がありそうだ。もちろん今回は、「パクチー好き」に限るのだけど。

©株式会社旅と平和

​「パクチー育てる」89日間 国民運動

【申し込みページ】​https://paxi-empire-2021.peatix.com/

Top image: © iStock.com/nata_vkusidey
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事