全自動で栽培してくれる「未来」の家庭菜園

アプリで栽培をコントロールできる完全自動の家庭菜園。土を使わず、水も従来の90%カットなのに栄養価は高い。

SFの世界の話だと思いますか?本当に存在するんです。野菜作りの未来が変わるかもしれません。

自在に変形可能

Hexagro Urban Farming」は、パイプを組み合わせた土台に六角形のユニットを置き、植物を育てる栽培キット。六角形にすることで、スペースを無駄なく活用でき、部屋の大きさや形に合わせてスペースを調整することも可能なんだそう。

最大13ユニット(78株)まで置くことができるので、栽培に慣れてきたらどんどん増やせます。

アプリで世話を自動化

しかも栽培はフルオート。人はほとんど何もしなくてもいいんだそう。はじめに野菜の苗を植えたら、アプリにその種類を登録するだけでOK。アプリがその野菜に最も適した栽培法を調べ、その通りに光や水のやり方を調整してくれます。食べごろも教えてくれるので、ただ待っていればおいしい野菜が食べられるというわけ。

もちろん無農薬の必要もなし。

水90%カットなのに
栄養価アップの秘密

「空中栽培」という栽培法を採用しており、従来の方法よりもなんと90%も水の使用量をカットできるようです。根はコットンのようなものについており、下のほうは空中にぶらさがっている状態。その根に直接、霧状にした水と肥料を吹きかけて栽培します。

この方法だと、植物が早く育ち、さらに栄養価も高くなるのだとか。いいことずくめじゃないですか。

食糧危機を救う
未来の菜園

人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があれば、なんとかなるかもしれません。

市販化されるかは定かでありませんが、「Hexagro Urban Farming」が実現すれば、究極の未来型室内栽培が誕生するかも?

Licensed material used with permission by hexagro
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
家庭菜園のハードルをぐっと下げてくれる「OGarden Smart」。水やりをしなくても、日光が当たらないところでも、このマシンが勝手に調整してくれます。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
熱いお湯を注ぐだけで自動的にかき混ぜをしてくれる全自動かき混ぜマグカップ「Swirl」が登場。電源もスイッチもなく、電池・充電池も必要なし。
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
チェスが好き、興味があるという人に紹介したい「Square Off」。これ、AIによって駒が自動で動くという魔法のような代物です。専用のアプリを介せば、相...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...