全自動で栽培してくれる「未来」の家庭菜園

アプリで栽培をコントロールできる完全自動の家庭菜園。土を使わず、水も従来の90%カットなのに栄養価は高い。

SFの世界の話だと思いますか?本当に存在するんです。野菜作りの未来が変わるかもしれません。

自在に変形可能

Hexagro Urban Farming」は、パイプを組み合わせた土台に六角形のユニットを置き、植物を育てる栽培キット。六角形にすることで、スペースを無駄なく活用でき、部屋の大きさや形に合わせてスペースを調整することも可能なんだそう。

最大13ユニット(78株)まで置くことができるので、栽培に慣れてきたらどんどん増やせます。

アプリで世話を自動化

しかも栽培はフルオート。人はほとんど何もしなくてもいいんだそう。はじめに野菜の苗を植えたら、アプリにその種類を登録するだけでOK。アプリがその野菜に最も適した栽培法を調べ、その通りに光や水のやり方を調整してくれます。食べごろも教えてくれるので、ただ待っていればおいしい野菜が食べられるというわけ。

もちろん無農薬の必要もなし。

水90%カットなのに
栄養価アップの秘密

「空中栽培」という栽培法を採用しており、従来の方法よりもなんと90%も水の使用量をカットできるようです。根はコットンのようなものについており、下のほうは空中にぶらさがっている状態。その根に直接、霧状にした水と肥料を吹きかけて栽培します。

この方法だと、植物が早く育ち、さらに栄養価も高くなるのだとか。いいことずくめじゃないですか。

食糧危機を救う
未来の菜園

人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があれば、なんとかなるかもしれません。

市販化されるかは定かでありませんが、「Hexagro Urban Farming」が実現すれば、究極の未来型室内栽培が誕生するかも?

Licensed material used with permission by hexagro

関連する記事

野菜栽培に必要な6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「grow CONNECT(グロウ コネクト)」が「Makuake」にて販売中。
多孔性のハイドロボールを使用し、土は不使用。自動散水システムと、数週間に一度の水補給でカンタンに植物を育てられる、スマート水耕栽培プランター「Botani...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
家庭菜園のハードルをぐっと下げてくれる「OGarden Smart」。水やりをしなくても、日光が当たらないところでも、このマシンが勝手に調整してくれます。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
熱いお湯を注ぐだけで自動的にかき混ぜをしてくれる全自動かき混ぜマグカップ「Swirl」が登場。電源もスイッチもなく、電池・充電池も必要なし。
ペットボトルを利用して、部屋で簡単に家庭菜園を楽しめるキット「Bottle Farm」が注目を集めている。このキットを使用すれば、ペットボトルを用意するだ...
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
「香港国際空港」は、世界初となる全自動消毒ブース「CLean Tech」を導入。たった40秒ほどで消毒・除菌することができる。また、公共エリアを消毒・抗菌...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
先月29日、京都発のデザインスタジオ「Fortmarei(フォートマーレイ)」がデザイン・クリエイティブディレクションを担当したコンセプトカー「...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...