全自動で栽培してくれる「未来」の家庭菜園

アプリで栽培をコントロールできる完全自動の家庭菜園。土を使わず、水も従来の90%カットなのに栄養価は高い。

SFの世界の話だと思いますか?本当に存在するんです。野菜作りの未来が変わるかもしれません。

自在に変形可能

56918607816294405639557743640576

Hexagro Urban Farming」は、パイプを組み合わせた土台に六角形のユニットを置き、植物を育てる栽培キット。六角形にすることで、スペースを無駄なく活用でき、部屋の大きさや形に合わせてスペースを調整することも可能なんだそう。

最大13ユニット(78株)まで置くことができるので、栽培に慣れてきたらどんどん増やせます。

アプリで世話を自動化

6468906264821760

しかも栽培はフルオート。人はほとんど何もしなくてもいいんだそう。はじめに野菜の苗を植えたら、アプリにその種類を登録するだけでOK。アプリがその野菜に最も適した栽培法を調べ、その通りに光や水のやり方を調整してくれます。食べごろも教えてくれるので、ただ待っていればおいしい野菜が食べられるというわけ。

もちろん無農薬の必要もなし。

水90%カットなのに
栄養価アップの秘密

46258362085539845432499786219520

「空中栽培」という栽培法を採用しており、従来の方法よりもなんと90%も水の使用量をカットできるようです。根はコットンのようなものについており、下のほうは空中にぶらさがっている状態。その根に直接、霧状にした水と肥料を吹きかけて栽培します。

この方法だと、植物が早く育ち、さらに栄養価も高くなるのだとか。いいことずくめじゃないですか。

食糧危機を救う
未来の菜園

50615313812684804955255368318976

人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があれば、なんとかなるかもしれません。

市販化されるかは定かでありませんが、「Hexagro Urban Farming」が実現すれば、究極の未来型室内栽培が誕生するかも?

Licensed material used with permission by hexagro
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
アメリカのシンクタンクの意識調査によると、約7割以上の人たちが進む「自動化」によって働き口が減ると危惧しているようですが、実際自分の職種・職業・業界に影響...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...