これが未来の「卓球ネット」だ!

卓球は、比較的誰でも楽しめるのが魅力のスポーツ。少し大きめのテーブルとラケットがあれば、「なんちゃって」で遊ぶことだってできるでしょう。

そんな「お遊び卓球」がもっと捗りそうな、未来の卓球ネットがありました。

パッと見「ネット」には
見えない

Smart Net」は、コンパクトなポータブル卓球ネット。

一見「どこが卓球ネットなの?」と思ってしまいますが、サッと広げるとこの通り。

ネットが出現します。これをテーブルに引っ掛けるだけで、設置完了です。めんどくさい取り付けの作業から解放されるのが嬉しいところ。

赤外線センサーで
点数を自動カウント

そして何より、点数を自動カウントしてくれるのがウリだとか。

赤外線センサーでどちらのプレイヤーに点数が入ったかを察知し、ネット部分に自動で点数を表示してくれるらしい。…とはいえ、ネットに引っかけたミスの場合は検知できそうなものだけど、アウトの場合などもうまくカウントできるのかどうかは、気になるところ。

もしすべてのプレーを正しくカウントしてくれるなら、得点を覚える必要もなく、もっと一球一打に集中できそう。上達スピードが上がる、なんて効果も期待できたり?

Licensed material used with permission by Red Dot Award
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビー...
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...
およそ20年前にMicrosoftの開発者だった男性は、会社の卓球大会でビル・ゲイツ氏と対決をする機会に恵まれました。そこで彼は、仕事に大切な3つのことを...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
リアルの世界ではおとなしいのに、ネットの世界ではやたらと元気のいい「ネット弁慶な人」。あなたの周りにもきっといるのでは? 否、あなた自身も気づいていないだ...
日本を代表するテクノDJ/プロデューサーのTakkyu Ishinoこと石野卓球と、俳優やタレント業でもお馴染みピエール瀧。高校生の頃に出会ったのち、89...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
「KNIT MITT NET」で、大切な人に思いを伝えてみるのはどう?。本気でプレゼントとするのもいいけれど、少しギャグっぽく渡すのもアリかもしれない。国...
アンダーグラウンドで、とらえどころがなくって、だけど、とってもクールなこのムーブメントに、ぼくはもう長いこと夢中になっている。
フレッドペリーというブランドについて、多くの人が思い浮かべるのは、イギリスとテニスでしょう。その通りです。