卓球台に変身するドイツ製のドア。驚きの「お値段」とは?

「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビールを片手に、くらいの感覚がちょうどイイですね。

お値段は、予想外だったのですが、約160万円ですっ!ドイツで生産しているので、発送料を含めればもっと高くなってしまうかもしれません。……となると、自分で作ったほうがコストを抑えられそうですよね(笑)。

Top image: © 2018 Tobias Fraenzel
他の記事を見る
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...
卓球は、比較的誰でも楽しめるのが魅力のスポーツ。少し大きめのテーブルとラケットがあれば、「なんちゃって」で遊ぶことだってできるでしょう。そんな「お遊び卓球...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
およそ20年前にMicrosoftの開発者だった男性は、会社の卓球大会でビル・ゲイツ氏と対決をする機会に恵まれました。そこで彼は、仕事に大切な3つのことを...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...