世界最大規模の「屋内ファーム」が誕生。都市部にも新鮮な野菜を!

NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズはますます加速。そんな中、屋内農園「エアロファーム」がオープンしたというニュースが話題に。

年間を通して栽培可能!
水の使用も95%削減できる

8c290e97e6b428f174514d91ec0d94e004d62e8266a1d1d0d1641b02b549c57c840b64bcde06ecca3e72f5c0d34fbb59d0f28d685eba44c6ad931ac9

エアロファームでの栽培には、太陽光や土を一切使わない仕組みを導入しています。専用のプレートの中に苗を植え、栄養たっぷりのミストとLED照明を利用し、徹底管理した環境下で育てます。

垂直型の栽培で
省スペース&大量生産を

C6ba583e1bf1a1214adc3b49d8145df3ba3c247b

このプレートは垂直に重ねて並べられるため、スペースが限られている都心近くでも大量の野菜を栽培できます。収穫量はなんと、同じサイズの屋外農園の75%増。

サラダ用の野菜やケール、ハーブなどを育てる予定で、生産量の見込みは最大で年間200万ポンド(約90万kg)にもなるそうです。

92be2192adde8f20798478fc1e5d0469aaaef1d7

CEOのデヴィッド・ローゼンバーグ氏は、「世界中の都市にこのファームを作ることが我々の使命だ」と語ります。目指しているのはあくまでも新しいインフラを作ること。

20、30、50箇所と、どんどん広めていくことが目標です。

3a3cfa5d605fa8376d980398d6874cb3c5247f6f

暮らしている地域が生産地から遠ければ、当然新鮮な野菜が手に入りずらくなります。そんな悩みを「エアロファーム」は解決してくれるかもしれません。

Licensed material used with permission by AeroFarms
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。