世界最大規模の「屋内ファーム」が誕生。都市部にも新鮮な野菜を!

NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズはますます加速。そんな中、屋内農園「エアロファーム」がオープンしたというニュースが話題に。

年間を通して栽培可能!
水の使用も95%削減できる

エアロファームでの栽培には、太陽光や土を一切使わない仕組みを導入しています。専用のプレートの中に苗を植え、栄養たっぷりのミストとLED照明を利用し、徹底管理した環境下で育てます。

垂直型の栽培で
省スペース&大量生産を

このプレートは垂直に重ねて並べられるため、スペースが限られている都心近くでも大量の野菜を栽培できます。収穫量はなんと、同じサイズの屋外農園の75%増。

サラダ用の野菜やケール、ハーブなどを育てる予定で、生産量の見込みは最大で年間200万ポンド(約90万kg)にもなるそうです。

CEOのデヴィッド・ローゼンバーグ氏は、「世界中の都市にこのファームを作ることが我々の使命だ」と語ります。目指しているのはあくまでも新しいインフラを作ること。

20、30、50箇所と、どんどん広めていくことが目標です。

暮らしている地域が生産地から遠ければ、当然新鮮な野菜が手に入りずらくなります。そんな悩みを「エアロファーム」は解決してくれるかもしれません。

Licensed material used with permission by AeroFarms
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
複合商業施設「恵比寿ガーデンプレイス」にコミュニティファーム「YEBISU GARDEN FARM」がオープン。”恵比寿産玉ねぎ”の栽培体験ができるかも。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
いくつもの大型店舗をどかーんと構えるIKEAが、マンハッタンに“らしくない”店舗をオープンしました。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。