店内で育てて販売する。「農場一体型」スーパー拡大中!

スーパーマーケットの店内で野菜を育て収穫し販売する。この流れを実現するベルリン発の都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗での展開をはじめた。

「インファーム」は、都市圏の多くの場所で組み立て式のファーム(畑)により、都市生活者に提供する新鮮な農作物の栽培を可能にするプラットフォーム。

© Infarm/Toru Hanai
© Infarm/Toru Hanai

今月19日から「紀ノ国屋インターナショナル」(青山店)、23日には「Daily Table KINOKUNIYA 西荻窪駅店」、26日には大規建替えしたばかりの「サミットストア五反野店」にて導入され、アジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。

展開内容は各店でそれぞれとなるが、バラエティに富んだハーブ葉物野菜などが、店内で育てられ、そのまま直産のかたちで販売される。展開は、今回の3店舗に加え、2021年4月までに首都圏で拡大される予定とのことだ。

生産から消費までの距離がなくなり、新鮮さだけでなく輸送コストのカットでカーボンオフセットなどにもつながる取り組み。TABI LABOでも以前から紹介しているように、都市部でのこのような“緑”の広がりは、ますます加速していきそうだ。

© Infarm/Toru Hanai
Top image: © Infarm/Toru Hanai
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
スーパーマーケットの「西友」は「プランツラボラトリー」と共同で、上福岡店の店内に植物工場を開設。生産元が明確で、天候に左右されず、鮮度の高い野菜が提供でき...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
METoA Ginzaで開催中の「デジタル収穫祭 in Ginza」。食の恵みへの感謝をコンセプトに、農作物を育てる苦労と喜びを同時に体感できます。
2017年から建設がスタートしている上海の「垂直農場」。今も経済がどんどん成長している反面、農地がガクンと減ってしまったのを受けて、縦に長い農場が建てられ...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...