野菜を育てるファームの力で「犯罪」を減らす(米・テキサス)

「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させようとしている動きが、米・テキサス州にありました。

銃の代わりに
「くわ」を持とう

サンアントニオでスタートした、小規模ファーム「GARDOPIA」は、みんなの健康や福祉、ひいては畑仕事をするなかで自然と身につく「教育」を大切にしようと始まったNPO。なにも机に向かうだけが「教育」ではないのです。

そしてもうひとつの目的が、地域の「犯罪数を減らす」ことでした。GARDOPIA代表のスティーブン・ルケ氏は、UIW大学在学中に「栄養と貧困の関係」について学び「バランスのとれた食事をとることが、生活改善につながるはず」と、活動をスタート。

そして、大人から子どもまで地域の誰もが参加できるファームは、予想以上の効果を生みました。

3年間で犯罪率が
50%まで低下

GARDOPIAがある交差点は、そもそも「危険」と評判のエリアでした。しかし、ファームができて以降、3年間で4ブロック半径内の犯罪が50%以上も低下。健康的な野菜を収穫するだけでなく、見事に治安までも改善したのです。

「畑の前では、みな平等」

子どもたちの表情も、ご覧のとおり。いい顔してるでしょ?

今はまだ「小さなムーブメント」かもしれませんが、楽しみなのは、このファームで学んだ子どもたちが、みんなで土をいじり、ヘルシーな野菜を口にし、地域のコミュニティに参加し、成長していくこと。

そして、代表のスティーブン・ルケ氏のこの言葉も印象的でした。

「畑にいるときは、みんな平等なんだ。そこに差別なんかない。誰もが手を汚して夢中になってるんだから!」

Licensed material used with permission by Gardopia Inc
Reference:upworthy

関連する記事

ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
複合商業施設「恵比寿ガーデンプレイス」にコミュニティファーム「YEBISU GARDEN FARM」がオープン。”恵比寿産玉ねぎ”の栽培体験ができるかも。
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。