野菜を育てるファームの力で「犯罪」を減らす(米・テキサス)

「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させようとしている動きが、米・テキサス州にありました。

銃の代わりに
「くわ」を持とう

0da9ca3e5a03f691592d9a66e3ff021d704ce141

サンアントニオでスタートした、小規模ファーム「GARDOPIA」は、みんなの健康や福祉、ひいては畑仕事をするなかで自然と身につく「教育」を大切にしようと始まったNPO。なにも机に向かうだけが「教育」ではないのです。

そしてもうひとつの目的が、地域の「犯罪数を減らす」ことでした。GARDOPIA代表のスティーブン・ルケ氏は、UIW大学在学中に「栄養と貧困の関係」について学び「バランスのとれた食事をとることが、生活改善につながるはず」と、活動をスタート。

そして、大人から子どもまで地域の誰もが参加できるファームは、予想以上の効果を生みました。

3年間で犯罪率が
50%まで低下

C821490edf0586625ff4efc660a2d502fef47636

GARDOPIAがある交差点は、そもそも「危険」と評判のエリアでした。しかし、ファームができて以降、3年間で4ブロック半径内の犯罪が50%以上も低下。健康的な野菜を収穫するだけでなく、見事に治安までも改善したのです。

「畑の前では、みな平等」

6f51fb05ba904c576692523d689b31eb8f07f94fD1d0a872f487709cfcb99d76aa08fc14dd0522e4

子どもたちの表情も、ご覧のとおり。いい顔してるでしょ?

今はまだ「小さなムーブメント」かもしれませんが、楽しみなのは、このファームで学んだ子どもたちが、みんなで土をいじり、ヘルシーな野菜を口にし、地域のコミュニティに参加し、成長していくこと。

そして、代表のスティーブン・ルケ氏のこの言葉も印象的でした。

「畑にいるときは、みんな平等なんだ。そこに差別なんかない。誰もが手を汚して夢中になってるんだから!」

Licensed material used with permission by Gardopia Inc
Reference:upworthy
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育てた野菜...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。