授業に「ガーデニング」を取り入れた米小学校。有機野菜を生徒全員で!

食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例ですが、この学校が特徴的なのは、授業の一貫として有機野菜を育てる年間プログラムを実施していること。種まきから収穫まで、すべてが生徒の手によるものなんだとか。

“生きた教材”で
食育を体現する小学生

gardening-program

米マサチューセッツ州ケープコッドにある「シュタイナー教育」を実践するこの学校には、生徒たちのためのビニールハウスがあります。種撒きから収穫まで、すべては生徒たちの仕事。もちろん、日々の水やりや害虫駆除も分担して行っているそうです。
子どものうちから、自由な意思決定ができる人間形成を教育理念に掲げるシュタイナー教育では、カリキュラムや授業内容も公立学校とは異なり、独特の芸術教育が実施されることでも知られています。つまり、幼い子どもたちにとってガーデニングは芸術表現のひとつなのです。

ビニールハウスも土壌も
生徒が手作り!?

photo

生徒たちの自主性を伸ばす授業の一貫として、有機園芸プログラムを取り入れました。14メートル×7メートルのビニールハウスは、生徒も手伝ってすべて手作りで仕上げました。ハウス内では、ニンジン、ほうれん草、ケール、パセリ、チャイブにイチゴなど、四季折々、旬のオーガニック野菜を育てています。食品として口に入るまでのすべての工程を自分たちで実際に行う。農作物が生長する過程を観察し体内に摂り入れるプロセスを通して、生徒一人ひとりに食育を現場レベルで体感させるのが学校側の狙いです。

「植物と同じように子どもたちも成長していくのがよく分かります。収穫した野菜はもちろん、ランチメニューに取り入れています。自分が手塩にかけて育てた野菜だから、いっそう美味しく感じると生徒たちからも好評です」

一昔前まで、農家の子どもたちはみな農作業の手伝いを通して熟れたトマトの見分け方を学んだものだと語るのは、園芸の授業を担当するKim Allsup先生。この園芸プログラムを通して、自分で育て、それを収穫する楽しみの先に、自給自足の生活の魅力も感じて欲しいという願いもあるようです。

スクリーンショット 2015-11-04 16.33.48

小中一貫教育のこの学校、農作業を従事するのはもっぱら小学生のようですが、なかでも毎年5年生が生徒代表となってビニールハウスを切り盛りします。ランチに使った野菜くずは、すべてコンポストで微生物分解し堆肥として再利用するというこだわりよう。
自分たちで育てあげる生きた教材。食育を体現するこの園芸プログラムは、生徒たちにも大人気というのも頷けますね。

Licensed material used with permission by Growing Children

有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
学園物の映画やドラマのシーンで必ず出てくるで学校のカフェテリア。食堂じゃなくて、カフェテリアって響きがいいんですよね〜。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
コワーキングスペースのイメージが強いWeWork。2018年秋、ニューヨークシティのチェルシー地区に「WeGrow」という小学校を設立しました。
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
テキサス州の小学校の校長先生であるBelinda Georgeさんは、Facebookのライブ配信を使い、子どもたちに本の読み聞かせを行っています。途中、...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
六本木で有機野菜のビュッフェを楽しめる グリーンハウス併設のオーガニックカフェ.RAW〒106-0032 東京都港区六本木5-10-32 1Fhttps:...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。