フランスに次ぎ、アルゼンチンが小学校で「映画」を教える国に!

小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開始。

映画館に行ける上に、授業では見るべきポイントなどを学べるそう。なんてうらやましい学校生活…と思ったら、フランスはすでにそうだった!

歴史や美術のように、
映画を学ぼう。

近頃はネットで映画を見る人も多くなっており、「どれだけ良い作品があっても劇場に来てもらえないのでは意味がない」とアルゼンチン国立視聴覚研究所(INCAA)代表のAlejandro Calcetta氏。

どうしたらもっと映画館に足を運んでもらえるのだろう。そう考えたときに見習ったのが、映画発祥の国と言われているフランスでした。同国では、1989年に映画の授業がカリキュラムへと組み込まれており、いわゆる観客数の増加や、文化の発展に貢献。その成功例に続いたというわけ。

フランス人の友人曰く、通っていた小学校では、みんなで映画を見に行ってその感想を発表したり、作品にちなんだものを工作してみたり、アートに関係する興味や関心を持たせるような授業が行われていたと言います。

そして、中学生になると美術や歴史と同じようにもう少し勉強っぽくなり、あるシーンのビジュアルや視点について学ぶことも。その詳細はフランス国民教育省のホームページにも一部記載アリ。

 国家政策に拡大!

アルゼンチンで始まる授業の内容は、INCAAや政府、地方行政と議論を重ねながら決められています。今後は全州でプログラムを始められるように拡大したいとの意向も。

その名も「Schools Go To the Cinema」。子どもたちは一体どんな作品を見て学ぶのでしょうね。

自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
学園物の映画やドラマのシーンで必ず出てくるで学校のカフェテリア。食堂じゃなくて、カフェテリアって響きがいいんですよね〜。
話題になっているのは、群馬県利根郡みなかみ町にある、猿ケ京小学校をリニューアルした宿泊施設です。2008年に惜しまれつつ廃校となりましたが、2012年に新...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつく...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。