【日本人が知らない、本当のフランス】1クラス、20カ国、24人。ある中学校に密着

2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活動が行われたのだ。
それほど同国において、12名もの死者を出すテロ事件が発生したことは、国民に大きな衝撃を与えた。
オランド大統領は議会演説で「我々はテロとの戦争に入った」と宣言。背景にあるのは、フランスという国がすでに多民族国家であるという事実だ。近年では、アフリカや中近東からの移民も多く、パリを歩けば、その多様性を垣間みることができる。

そんなフランスの「今」を、ニュースよりも鮮明に、そして感動的に伝えるドキュメンタリーが本稿で紹介する『バベルの学校』だ。

映画「バベルの学校」

『バベルの学校』予告編 from United People on Vimeo.

th_14240606253_32bc966e24_k

14033761079_f881e8a5fa_h (1)©pyramidefilms

作品は『パパの木』、『やさしい嘘』で知られるジュリー・ベルトゥチェリ監督によるもの。フランス本国では、これまでに900 館で上映され、19 万人を動員。フランス映画祭 2014 での上映後も、多くの賞賛が寄せられた。

th_バベルの学校_poster

舞台はパリのとある中学校。教員生活最後の年を迎えたブリジット・セルヴォニ先生の元に、世界20カ国から24人の生徒たちが集まった。

母語も、文化も、宗教も、家庭のバックグラウンドも異なる生徒たち。辛い母国の生活から逃れてきたものから、よりよい生活に憧れてきたものまで、その理由は様々だ。これから適応クラスから通常クラスへ移るために、フランス語の勉強を中心とした毎日が始まる。

新生活に戸惑いながらも、生徒たちは無邪気さ、熱意、そして悩みを通して様々な表情を見せる。そうして彼らは時にぶつかり合いながら、お互いの違いにまっすぐ向き合っていくのだった

2015年1月31日(土)〜
新宿武蔵野館、渋谷アップリンクほかで劇場公開。

配給:ユナイテッドピープル

button_babel001_150121

 

6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。