【日本人が知らない、本当のフランス】1クラス、20カ国、24人。ある中学校に密着

2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活動が行われたのだ。
それほど同国において、12名もの死者を出すテロ事件が発生したことは、国民に大きな衝撃を与えた。
オランド大統領は議会演説で「我々はテロとの戦争に入った」と宣言。背景にあるのは、フランスという国がすでに多民族国家であるという事実だ。近年では、アフリカや中近東からの移民も多く、パリを歩けば、その多様性を垣間みることができる。

そんなフランスの「今」を、ニュースよりも鮮明に、そして感動的に伝えるドキュメンタリーが本稿で紹介する『バベルの学校』だ。

映画「バベルの学校」

『バベルの学校』予告編 from United People on Vimeo.

th_14240606253_32bc966e24_k

14033761079_f881e8a5fa_h (1)©pyramidefilms

作品は『パパの木』、『やさしい嘘』で知られるジュリー・ベルトゥチェリ監督によるもの。フランス本国では、これまでに900 館で上映され、19 万人を動員。フランス映画祭 2014 での上映後も、多くの賞賛が寄せられた。

th_バベルの学校_poster

舞台はパリのとある中学校。教員生活最後の年を迎えたブリジット・セルヴォニ先生の元に、世界20カ国から24人の生徒たちが集まった。

母語も、文化も、宗教も、家庭のバックグラウンドも異なる生徒たち。辛い母国の生活から逃れてきたものから、よりよい生活に憧れてきたものまで、その理由は様々だ。これから適応クラスから通常クラスへ移るために、フランス語の勉強を中心とした毎日が始まる。

新生活に戸惑いながらも、生徒たちは無邪気さ、熱意、そして悩みを通して様々な表情を見せる。そうして彼らは時にぶつかり合いながら、お互いの違いにまっすぐ向き合っていくのだった

2015年1月31日(土)〜
新宿武蔵野館、渋谷アップリンクほかで劇場公開。

配給:ユナイテッドピープル

button_babel001_150121

 

「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...