フランスで「肉屋を狙うテロ」が増えている理由

6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。すでに多くのメディアが報道しているので、ひょっとしたら知っている人もいるかもしれませんね。そのほとんどがヴィーガンによる犯行です。

ご存知の通り、ヴィーガンは動物性食品をいっさい口にしない人々のこと。中には急進的なヴィーガンもいて、他人が肉を食べるのも嫌うのだとか。だからこそ、牛や豚を食べるのは人間のする行為じゃないからやめろ!という理由で、精肉店を襲撃しているそう。

このような事件が起きていることに対し、フランス人はどのように考えているのでしょうか。「TABI LABO」で働いているフランス人女性に聞いてみました。

「肉を食べるのはフランスの文化だよね。だから、“ヴィーガンテロ”はかなり話題になっているの。ヴィーガンのイメージが悪くなるから、やめた方がいいと思うけどね」

動物愛護の観点からだけでなく、健康や美容に気を使っている人がヴィーガンになることも。確かに、一部の過激派による事件のせいで、彼らのイメージも下がってしまうのはちょっと理不尽ですよね。

これからのフランス社会の動向が気になります。

Top image: © across/Shutterstock.com
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。