フランスで「肉屋を狙うテロ」が増えている理由

6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。すでに多くのメディアが報道しているので、ひょっとしたら知っている人もいるかもしれませんね。そのほとんどがヴィーガンによる犯行です。

ご存知の通り、ヴィーガンは動物性食品をいっさい口にしない人々のこと。中には急進的なヴィーガンもいて、他人が肉を食べるのも嫌うのだとか。だからこそ、牛や豚を食べるのは人間のする行為じゃないからやめろ!という理由で、精肉店を襲撃しているそう。

このような事件が起きていることに対し、フランス人はどのように考えているのでしょうか。「TABI LABO」で働いているフランス人女性に聞いてみました。

「肉を食べるのはフランスの文化だよね。だから、“ヴィーガンテロ”はかなり話題になっているの。ヴィーガンのイメージが悪くなるから、やめた方がいいと思うけどね」

動物愛護の観点からだけでなく、健康や美容に気を使っている人がヴィーガンになることも。確かに、一部の過激派による事件のせいで、彼らのイメージも下がってしまうのはちょっと理不尽ですよね。

これからのフランス社会の動向が気になります。

Top image: © across/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...