フランスっぽい。ボイコットをするためのアプリ

フランスの人々が頻繁にボイコットやストライキをしているイメージがあるのは、僕だけではないはず。

「TABI LABO」で働いているフランス人女性にこれが正しいのかを聞いたところ、「そうね、フランス人は文句を言うのが好きだから」と回答。うん、やっぱり間違ってなかったみたい。だからでしょうか、「BuyOrNot」というアプリが生まれたのは。

「BuyOrNot」はまだまだフランスでの知名度も低いようですが、主にスーパーマーケットで使うもの。買い物をするときに商品をスキャンしたら栄養素や商品の特長を表示してくれる類のアプリです。とは言っても、スキャンをしてから表示されるのは、「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報。

要するに、ボイコットのサポートをするためのアプリなんです。日本では考えられないですね……。

このアプリを開発した企業の名前は「I Buycott」。シリアスな内容を展開しているにもかかわらず、シャレをきかせているのも興味深いです。

Top image: © Stock.com/serazetdinov, 2018 TABI LABO
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...