フランスっぽい。ボイコットをするためのアプリ

フランスの人々が頻繁にボイコットやストライキをしているイメージがあるのは、僕だけではないはず。

「TABI LABO」で働いているフランス人女性にこれが正しいのかを聞いたところ、「そうね、フランス人は文句を言うのが好きだから」と回答。うん、やっぱり間違ってなかったみたい。だからでしょうか、「BuyOrNot」というアプリが生まれたのは。

「BuyOrNot」はまだまだフランスでの知名度も低いようですが、主にスーパーマーケットで使うもの。買い物をするときに商品をスキャンしたら栄養素や商品の特長を表示してくれる類のアプリです。とは言っても、スキャンをしてから表示されるのは、「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報。

要するに、ボイコットのサポートをするためのアプリなんです。日本では考えられないですね……。

このアプリを開発した企業の名前は「I Buycott」。シリアスな内容を展開しているにもかかわらず、シャレをきかせているのも興味深いです。

Top image: © Stock.com/serazetdinov, 2018 TABI LABO
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...