世界中にファンがいる「フランスのキーホルダー」。

キーホルダーって案外悩みますよね。

機能的にはシンプルだから見た目勝負になる。だけど、そのベクトルは高級感一辺倒の気がするんです。素材でいうと、レザーとかメタルとか。

そういうのとはちょっと違う目線で僕が使っているのが、1960年代から70年代あたりにフランスで作られた通称「ブルボンキーホルダー」です。

これは当時の企業広告として〈ブルボン社〉が制作したもので、エッジのないころんとしたアクリルの中に、企業ロゴや商品なんかが入っています。

一見子どものおもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体に漂うヴィンテージ感は、大人がレザーウォレットと一緒に持っていても不思議とハマります。

この〈ブルボンキーホルダー〉、世界中にファンがいて、コレクターズアイテムになっています。が、全部が全部高価なわけじゃありません。コンディションによっては、ひとつ1,000円〜3,000円ぐらいで手に入るものもたくさんあるのがポイントです。

雑貨屋やネットで見つける度に、ちょくちょく買い足して、現在僕が持っているのは15個ぐらい。その日の気分でつけ替えたりして楽しんでいます。

目下のお気に入りは〈エールフランス〉のふたつ。コロンとした可愛い形に、ネイビー&ゴールドの男性的なロゴがあしらわれたアンバランスな感じがたまらん!

39c6f94dc3031669957c4e19b3e1a786506b6184E90d48cbc6541b5c47b92539b981a55849564152638533131422bf5c47b43eb25e4bb7da2e6e12dc

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

シンプルでデザインに優れる〈POSTALCO(ポスタルコ)〉のミネラルキーホルダー。天然の鉱石を使っているので一点一点模様が違います。
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
「iPhone 7」の登場により、世の中の決済機能は劇的に集約されました。Suicaもクレジットカードも移行が可能。コンビニや自動販売機などのあらゆる支払...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
〈NuAns®(ニュアンス)〉の「BANDWIRE」は、純来のライトニングケーブルの不満を解消してくれるアイテムです。長さわずか160mmでキーホルダーの...
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
ビールが好きです。缶か瓶かで言えば、瓶派。とくに、コロナビールが好きです。日頃から瓶ビールを呑む機会が多くて、とくに夏の暑い日なんかに散歩をしていると、す...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
「ハイクヒッチ360」は、スイベルジョイント型といって二つのゲート(ひっかけるところね)が、360度回転するようになってます。おさまりのいい角度に固定する...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...