世界中にファンがいる「フランスのキーホルダー」。

キーホルダーって案外悩みますよね。

機能的にはシンプルだから見た目勝負になる。だけど、そのベクトルは高級感一辺倒の気がするんです。素材でいうと、レザーとかメタルとか。

そういうのとはちょっと違う目線で僕が使っているのが、1960年代から70年代あたりにフランスで作られた通称「ブルボンキーホルダー」です。

これは当時の企業広告として〈ブルボン社〉が制作したもので、エッジのないころんとしたアクリルの中に、企業ロゴや商品なんかが入っています。

一見子どものおもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体に漂うヴィンテージ感は、大人がレザーウォレットと一緒に持っていても不思議とハマります。

この〈ブルボンキーホルダー〉、世界中にファンがいて、コレクターズアイテムになっています。が、全部が全部高価なわけじゃありません。コンディションによっては、ひとつ1,000円〜3,000円ぐらいで手に入るものもたくさんあるのがポイントです。

雑貨屋やネットで見つける度に、ちょくちょく買い足して、現在僕が持っているのは15個ぐらい。その日の気分でつけ替えたりして楽しんでいます。

目下のお気に入りは〈エールフランス〉のふたつ。コロンとした可愛い形に、ネイビー&ゴールドの男性的なロゴがあしらわれたアンバランスな感じがたまらん!

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
シンプルでデザインに優れる〈POSTALCO(ポスタルコ)〉のミネラルキーホルダー。天然の鉱石を使っているので一点一点模様が違います。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
フランスで「iPhone 12」シリーズを購入する場合は「イヤーポッズ」が付いてくるそうだ。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
食べかけの状態が立体化された、ロゴもキャッチコピーもないフランスの「マクドナルド」の最新の路上広告がシャレてる。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
応援購入サービス「Makuake」に3WAYのキーホルダー「無限∞フック」が登場。
フランス南部サント・マリー・ラ・メールのビーチでトップレスで日光浴を楽しんでいた女性グループに対し、訪れていた家族連れからの苦情を受け、警官が服を着るよう...
フランスの酪農製品関連団体は、新型コロナウイルスの影響でチーズの売上が60%減ったことを発表。国民にチーズの消費増大を訴えている。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
世界中でカーボンニュートラルやカーボンフリーの実現に向けたさまざまな施策が実施されるなか、フランスで“目からウロコ”ともいえる政府のプロジェクトが進行中だ。
世界中で人気があるツイートを検索していたら、こんなを見つけました。
フランスの国民議会(下院)で、4月15日、性交同意年齢を15歳とする法案が可決された。
フランスのイタズラグループ「The Smart Joker of Paris」は、ビシッとスーツで決めて、電車の中にテーブルをセッティングし、ワインを飲み...