世界中にファンがいる「フランスのキーホルダー」。

キーホルダーって案外悩みますよね。

機能的にはシンプルだから見た目勝負になる。だけど、そのベクトルは高級感一辺倒の気がするんです。素材でいうと、レザーとかメタルとか。

そういうのとはちょっと違う目線で僕が使っているのが、1960年代から70年代あたりにフランスで作られた通称「ブルボンキーホルダー」です。

これは当時の企業広告として〈ブルボン社〉が制作したもので、エッジのないころんとしたアクリルの中に、企業ロゴや商品なんかが入っています。

一見子どものおもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体に漂うヴィンテージ感は、大人がレザーウォレットと一緒に持っていても不思議とハマります。

この〈ブルボンキーホルダー〉、世界中にファンがいて、コレクターズアイテムになっています。が、全部が全部高価なわけじゃありません。コンディションによっては、ひとつ1,000円〜3,000円ぐらいで手に入るものもたくさんあるのがポイントです。

雑貨屋やネットで見つける度に、ちょくちょく買い足して、現在僕が持っているのは15個ぐらい。その日の気分でつけ替えたりして楽しんでいます。

目下のお気に入りは〈エールフランス〉のふたつ。コロンとした可愛い形に、ネイビー&ゴールドの男性的なロゴがあしらわれたアンバランスな感じがたまらん!

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

シンプルでデザインに優れる〈POSTALCO(ポスタルコ)〉のミネラルキーホルダー。天然の鉱石を使っているので一点一点模様が違います。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。