人によっては「完璧なキーリング」。

真鍮のワイヤーを曲げて、キャップを付けただけ。素っ気ないけれど、適度な存在感。

カギをつけるアクセサリーに劇的な機能やブランドの記号を求めてない自分にとって、このキーリングは完璧です。

ポケットから取り出して、デスク上にポンッと置いた時、“ああ、カッコイイな〜”と思います。それも毎日毎日。飽きません。

便利だとか、コスパがいいとか。そういう価値基準とはまったく別の話。

Amazonで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

これがあればもう出先で“充電用ケーブルがない!”なんてことにならないはず。
カラビナ部分だけじゃなくて、ベルトや糸、キーリングまで色が統一されていて、洒落っ気たっぷり。バッグのハンドルなんかに付けて、アクセントとして楽しむのにちょ...
僕にとってキーツールは、すごく役立つものっていうよりも、賑やかしの要素が強い。キーホルダーと同じようなポジションだと思ってる。だけど、〈NITE IZE(...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
自然派ワインを好む人たちのあいだで注目されている、微発泡ワイン「ペットナット」について。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
「NewBring多機能キーケース」は、どうしてもかさばってしまう現金とカードと鍵、さらにはUSBメモリ、栓抜きなどを一つにまとめられるキーケース。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
1960年代から70年代あたりにフランスの〈ブルボン社〉が制作した通称「ブルボンキーホルダー」。一見おもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
「Annovera」自体はシリコン製のリングで、そこに他の避妊薬でも使われているプロゲスチンやエストロゲンなどが含まれているとのこと。
ケースを閉じる時のまるでパズルのピースが全部はまったようなスッキリ感。これ、クセになりそう!
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
シンプルでデザインに優れる〈POSTALCO(ポスタルコ)〉のミネラルキーホルダー。天然の鉱石を使っているので一点一点模様が違います。
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...