折り紙がモチーフの「折り畳めるリングケース」

こんなリングケース、初めて見た!

閉じる時には、まるでパズルのピースが全部はまったようなスッキリ感を覚える。

これは日本の「折り紙」に着想を得た折り畳める仕様のアルミのリングケース「Kinetic Ring Box」。カリフォルニア在住のエンジニア兼プロダクトデザイナーであるBrian Ignaut氏が手がけたものだ。

一点一点手作りで、記念日とメッセージも刻印できるという。

日本からのオーダーも可能。手元に届くまでは少し日数がかかるそうだが、リングが入っているとは思えない無骨なデザイン……サプライズプロポーズを企んでいる人にはうってつけのアイテムかもしれない。

Top image: © 2020 Degrees of Freedom
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
みんなには、ぜったい内緒だよ?
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
プロポーズの瞬間ーー。パートナーの驚き、喜ぶ顔を一生の記念にしたい。そんなロマンチックな願いを叶えてくれるアイテムが、カメラ付きリングケース「YES CA...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
「ブルーボトルコーヒー」から「マスクケース」が登場。香港発のブランド「PAPERY(ペーパリー)」とコラボレーションした紙素材のスマートデザインの同商品は...
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポット「teploティーポット」の公式茶葉サブスクリプションサービスが、先週22日(木)からスタート。
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
マスクの「一時置き場所どうする」問題を解決してくれるとっておきの「マスクケース」4選をご紹介します。
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...