すごすぎる!1枚の折り紙からできた「超リアルなサムライ」

甲冑の模様や表情まで、とても精巧に作られたサムライのオブジェ。なんとこちら、1枚の紙からできているのだ。

フィンランドの折り紙アーティストJuho Könkkölä氏は、デザインに2ヵ月を費やし、さらに50時間以上かけて95×95cmの1枚の和紙を折って、高さ28cmのサムライを作り上げた。

兜や甲冑、刀など、細かな装飾まで精密に表現するには、複数の折り紙技法を組み合わせて、数千にもおよぶ折り目をつけながら製作する必要があるそう。

デザインを非対称にすることで、片方の手に剣を持たせてもバランスがよく見えるようにした点も工夫のポイントだ。

このほか、Könkkölä氏はゲームのキャラクターをモチーフにしたような折り紙アートを多数発表しており、フィンランドで展覧会を開催するほどの人気っぷり。

Könkkölä氏のInstagramサイトでは、ほかにもさまざまな作品が公開されているので、おうち時間に挑戦してみたい強者はご確認を!

© Juho Könkkölä/YouTube
Top image: © 2021 Juho Könkkölä
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。