海外の「折り紙(Origami)」のレベルが想像を遥かに超えていた!

諸説あるものの、一般的に「折り紙」は日本の伝統文化のひとつ。求められる細やかな手先の動きが脳の発育にも役立つとされるなど、いまや世界中の人々を惹きつける遊びとなっています。

今回紹介するGonzalo Garcia Calvoさんも、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった模様。スペインはマドリードから、私たち日本人が思わず唸ってしまう作品を発信中です!

欧州発“Origami Art”の
知られざる実力とは?

スクリーンショット 2015-12-10 15.41.44

メインとなるのは、さまざまな種類の動物たち。命を吹き込まれているかの如く、リアルな作品が並びます。

スクリーンショット 2015-12-10 12.50.04スクリーンショット 2015-12-10 12.54.47スクリーンショット 2015-12-10 12.49.03スクリーンショット 2015-12-10 12.50.15スクリーンショット 2015-12-10 15.55.48スクリーンショット 2015-12-10 12.49.34

中には、ペガサスやマンモス、恐竜といった生き物も。

スクリーンショット 2015-12-13 10.58.56スクリーンショット 2015-12-10 12.50.36スクリーンショット 2015-12-10 15.55.13

人の手やモノが写り込むと、作品はまた違った印象に。

スクリーンショット 2015-12-10 12.59.34

スクリーンショット 2015-12-10 12.51.53スクリーンショット 2015-12-10 13.00.09

生き物だけでなく、楽器だってこの通り。というのも、実はGonzaloさんの本職はミュージシャンなのだとか。

スクリーンショット 2015-12-10 12.59.07

これが欧州発「Origami Art」の実力。写真撮影も含め、ひとつの作品として完成していますよね!その世界観に魅了されたという方は、ぜひコチラから他の作品もチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Gonzalo Garcia Calvo

世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
独創的な折り紙を「365日、折り続ける」ことに情熱を燃やす、Cristian Marianciucさんを紹介したのは去年の早春のこと。目標に掲げた1,00...
本からはみ出なくて、しかも落ちにくい。メモ帳や折り紙で簡単に作れる「母さんお手製しおり」がTwitterで話題です。こちらが@rukow994さんのツイー...
カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...