紙飛行機をラジコンにしてくれる「ひみつ道具」。

スーパフィンやイカヒコーキ。今でも、折っていた紙飛行機の名前が出てくるのは、幼いながらも、どの折り方が良くてダメなのかを夢中で研究していたからかも。

そして、友だちとの「どっちが遠くまで飛ばせるか競争」。イメージ通りに飛ばなくて、何度も悔しい思いをしたっけ…。今、振り返ると懐かしいけれど、それに勝った負けたで、喜んだり落ち込んだりするのは誰もが通る道。

そんな中、当時の友だちを呼び出してしまいたくなるようなアイテムが開発されました。今度は、どっちの方がカッコよく飛ばせるかという勝負をするために。

スマホで操縦できる
「紙ヒコーキ」が登場

PowerUp Dart」を簡単に説明するならば、紙ヒコーキ専用のプロペラとコントローラー。取り付けるだけで、ラジコンのように自由自在に操縦できるようです。コントロールは、アプリをダウンロードしたスマホから。上下左右はもちろん、宙返りやスピンまで!

最高速度は時速40km。ここまでくると、もはや遊びの域を超えしまっている印象。

クラウドファンディング中ではありますが、4つで約1万3,000円。もちろん、1つからでもオーダー可能。子どもへのプレゼントにも良いかもしれませんが、これはもう大人のためのオモチャでしょう。

Licensed material used with permission by PowerUp Toys
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
かき氷屋さん「瀬戸内ひだまりかき氷」の店長(鷺沼店)にして、話題のロックバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえり...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
この世界には、目に見えない生き物がたくさん存在しています。生態系の中で重要な役割を果たし、ときに人間にも大きな影響を与えているそんな生き物たちを見る機会は...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
じっくり人の流れから離れながら、優雅に心の浄化旅をできる「春先の石垣島」をオススメ。自然はキレイだし、リゾートとして少し都会。保守的な人も安心できる癒しの...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
6月某日、ケベック・シティーからトロントへ向かう飛行機に乗ったTiffani Louise O’Brienさん。フライト中に眠りについた彼女。目覚めたとき...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。