翼を「自己修復」する飛行機が開発された・・・スマホの傷が「勝手に直る」日も近い!?

人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。

英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発したのは、自己修復する飛行機の翼だ。人間の眼には粉末状にしか見えないような、修復用の液体入り超小型カプセルを埋め込むことで機能する。
ダメージを受けた際、カプセルの中に収容されている修復用の液体が流れ出し、損傷部分の隙間へ流れ込んで凝固する仕組みだ。

液体はゴルフクラブなどにも使用されているカーボンファイバーで補強された混合物でできており、軽く頑丈で、髪の毛の幅ほどの隙間にも入り込むことが出来る。

将来的には
スマホの画面にも応用できる?

まだ大きくて構造的な損害を修復することは出来ないが、バードストライク(飛行機に鳥がぶつかる事故)で受けるような小さなダメージには有効だ。ちなみに、このアイデアは人体が傷を自己修復することから着想を得ているそうだ。

研究チームをリードするDuncan Wass教授が「Forbes」に語ったところによると「技術を応用することで、バイクのフレームやスポーツ用品、スマートフォンのスクリーンなど身近な製品にも応用できるようになる」そうだ。

航空機への利用へは認可申請のハードルが高く、実用化までは5年から10年ほどかかると予想されている。案外、スマホのような身近アイテムのほうが、こういった革新的な技術が応用されるのは、早いかもしれない。

必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どお...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
「PowerUp Dart」を簡単に説明するならば、紙飛行機専用のプロペラとコントローラー。お気に入りの航空機に取り付けるだけで、スマホからラジコンのよう...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...