翼を「自己修復」する飛行機が開発された・・・スマホの傷が「勝手に直る」日も近い!?

人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。

英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発したのは、自己修復する飛行機の翼だ。人間の眼には粉末状にしか見えないような、修復用の液体入り超小型カプセルを埋め込むことで機能する。
ダメージを受けた際、カプセルの中に収容されている修復用の液体が流れ出し、損傷部分の隙間へ流れ込んで凝固する仕組みだ。

液体はゴルフクラブなどにも使用されているカーボンファイバーで補強された混合物でできており、軽く頑丈で、髪の毛の幅ほどの隙間にも入り込むことが出来る。

将来的には
スマホの画面にも応用できる?

まだ大きくて構造的な損害を修復することは出来ないが、バードストライク(飛行機に鳥がぶつかる事故)で受けるような小さなダメージには有効だ。ちなみに、このアイデアは人体が傷を自己修復することから着想を得ているそうだ。

研究チームをリードするDuncan Wass教授が「Forbes」に語ったところによると「技術を応用することで、バイクのフレームやスポーツ用品、スマートフォンのスクリーンなど身近な製品にも応用できるようになる」そうだ。

航空機への利用へは認可申請のハードルが高く、実用化までは5年から10年ほどかかると予想されている。案外、スマホのような身近アイテムのほうが、こういった革新的な技術が応用されるのは、早いかもしれない。

必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どお...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンが、スマホをかざすと食べ物が腐っているかがわかるセンサーを開発中だと発表。これまでにも似たようなセンサーは開発さ...
9月10日、「Polaroid Originals(ポラロイド・オリジナルズ)」が新作製品としてスマホ用プリンター「The Polaroid Lab」を販...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
「PowerUp Dart」を簡単に説明するならば、紙飛行機専用のプロペラとコントローラー。お気に入りの航空機に取り付けるだけで、スマホからラジコンのよう...
Netflixが「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディ『Cocaine Hippos』を製作するようだ。
今春4月25日、新しく出店する「IKEA原宿」のオープンに向け、「イケア・ジャパン」は日本でもっとも話題のバーチャルモデル「imma」とパートナーシップを...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...