これはびっくり。スマホの背面が「スマホになる」iPhoneケース

この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…

iPhoneのウラに
Android!?

EYE」は、Androidのスマートフォンを丸ごと搭載したiPhoneケース。えっどういうこと?ウソじゃないの?と思ってしまいますが、

【重要なお知らせ】ここに掲載されている写真は、100%本物です。決して、ドッキリのフェイクではありません。

と、クラウドファンディング「Kickstarter」の募集ページにも書かれています。

こんな感じで、普通のスマホケースと同様、iPhoneにつけて使います。

クルクル回転させて
両画面をつかってみたり

このスマホケースの「スマホ」は、バッテリー内蔵。SIMカードも挿入できるので、通話・通信も問題なし。つまり1台で、完全にスマホを2台持ちしているのと同じ状態になるんです。

デュアル画面ならではの便利さは、色々あります。わざわざアプリを開き直さなくても、片方の画面でデータを見ながら、もう片方で電卓を叩けたり…。

背面スマホの画面で顔を写しながら、バックカメラでセルフィーを撮る、なんて活用法も。インカメラを使うより、良い画質で撮影できちゃいます。

またスマホ2台分ということは、単純計算でバッテリーも2倍ということ。スマホってすぐに電池が切れちゃうので、意外と重宝しそうなポイントです。

これを機に
2台持ちもアリかもしれない

さらに、ワイヤレスで充電できたり、赤外線機能を搭載していたりと、便利機能も満載。iPhone7からはなくなってしまったイヤホンジャックがついているのも、地味に嬉しいかも。

この「EYE」は、iPhone6/6s/7に対応したバージョンと、6 Plus/6s Plus/7 Plusに対応した大型バージョンの2種類から選べます。今ならWi-Fiモデルが119ドル(約13,000円)、4G搭載モデルが149ドル(約16,000円)。ちなみにもう少しお金を出すと、レーザーで撃ち合って遊べるゲームが搭載されたバージョンもあります。

スマホの2台持ちなんて考えたことがなくても、ついつい欲しくしまうレベルのインパクトでした。

Licensed material used with permission by ESTI Inc.
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...