これはびっくり。スマホの背面が「スマホになる」iPhoneケース

この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…

iPhoneのウラに
Android!?

「スマホになる」iPhoneケース

EYE」は、Androidのスマートフォンを丸ごと搭載したiPhoneケース。えっどういうこと?ウソじゃないの?と思ってしまいますが、

【重要なお知らせ】ここに掲載されている写真は、100%本物です。決して、ドッキリのフェイクではありません。

と、クラウドファンディング「Kickstarter」の募集ページにも書かれています。

「スマホになる」iPhoneケース

こんな感じで、普通のスマホケースと同様、iPhoneにつけて使います。

クルクル回転させて
両画面をつかってみたり

「スマホになる」iPhoneケース

このスマホケースの「スマホ」は、バッテリー内蔵。SIMカードも挿入できるので、通話・通信も問題なし。つまり1台で、完全にスマホを2台持ちしているのと同じ状態になるんです。

「スマホになる」iPhoneケース

デュアル画面ならではの便利さは、色々あります。わざわざアプリを開き直さなくても、片方の画面でデータを見ながら、もう片方で電卓を叩けたり…。

「スマホになる」iPhoneケース

背面スマホの画面で顔を写しながら、バックカメラでセルフィーを撮る、なんて活用法も。インカメラを使うより、良い画質で撮影できちゃいます。

「スマホになる」iPhoneケース

またスマホ2台分ということは、単純計算でバッテリーも2倍ということ。スマホってすぐに電池が切れちゃうので、意外と重宝しそうなポイントです。

これを機に
2台持ちもアリかもしれない

さらに、ワイヤレスで充電できたり、赤外線機能を搭載していたりと、便利機能も満載。iPhone7からはなくなってしまったイヤホンジャックがついているのも、地味に嬉しいかも。

「スマホになる」iPhoneケース

この「EYE」は、iPhone6/6s/7に対応したバージョンと、6 Plus/6s Plus/7 Plusに対応した大型バージョンの2種類から選べます。今ならWi-Fiモデルが119ドル(約13,000円)、4G搭載モデルが149ドル(約16,000円)。ちなみにもう少しお金を出すと、レーザーで撃ち合って遊べるゲームが搭載されたバージョンもあります。

スマホの2台持ちなんて考えたことがなくても、ついつい欲しくしまうレベルのインパクトでした。

Licensed material used with permission by ESTI Inc.
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i...
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
まるでパンを焼くおしゃれなトースターのような形をした「Phone Toaster」。スマホの除菌だけでなく、便利な機能が多数搭載。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...