折り紙にインスパイアされた「植木鉢」。植物と共に大きく成長する

植物を成長させていく上で必要なことは、成長段階に合わせて鉢を大きくしてあげること。根が伸び、茎が太くなり、葉っぱがどんどん大きくなっていきます。つまり植え替えが必要、もしくは、最初から成長を見越して大きな植木鉢を用意しなければいけません。

この労力と出費を抑えてくれる美しい植木鉢が登場しました。植物の成長に合わせてサイズを変える「GROWTH」。

user_genarated_image

ロンドンとイスタンブールに拠点を置くデザインスタジオ「Studio Ayaskan」。双子のデザイナーBikeとBegumのAyaskan兄弟は、日本の折り紙からインスピレーションを受けて、この「GROWTH」を製作したそうです。
植物自体が時間をかけて成長するように、「GROWTH」も幾何学体の形状を広げていくことで、根や茎が大きくなっても1つの鉢のまま、植え替える必要なく育てることができます。サイズは最大で4倍まで拡張可能。

Growth 1

「植物の成長サイクルに植木鉢の拡張機能を取り込むことが目的でした。本来、自然と環境は相反するように考えられているけれど、1つの鉢で植物の成長を見守るという発想です」

とは、Ayaskan兄弟が「contemporist」に残したコメント。

Growth 3

自然界では、すべてのものが成長の段階で進化に適応していくけれど、この「GROWTH」は、環境が自然の進化に合わせて形を変えていく。持続可能な次世代型の植木鉢に注目です。

Photo by Thomas Essl
Reference:contemporist
Licensed material used with permission by Studio Ayaskan

ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で紹介されている「bioo」は、なんと植物の光合成の力を使って、携帯の充電ができるという驚きのデバイス。...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
ただ壁に掛けるだけでもよし。大きなガラス窓を背景にすれば、空間に枝葉が浮かんでいるような演出も。もちろん、本物のグリーンと合わせてもステキ。
この世界には、目に見えない生き物がたくさん存在しています。生態系の中で重要な役割を果たし、ときに人間にも大きな影響を与えているそんな生き物たちを見る機会は...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。