折り紙にインスパイアされた「植木鉢」。植物と共に大きく成長する

植物を成長させていく上で必要なことは、成長段階に合わせて鉢を大きくしてあげること。根が伸び、茎が太くなり、葉っぱがどんどん大きくなっていきます。つまり植え替えが必要、もしくは、最初から成長を見越して大きな植木鉢を用意しなければいけません。

この労力と出費を抑えてくれる美しい植木鉢が登場しました。植物の成長に合わせてサイズを変える「GROWTH」。

user_genarated_image

ロンドンとイスタンブールに拠点を置くデザインスタジオ「Studio Ayaskan」。双子のデザイナーBikeとBegumのAyaskan兄弟は、日本の折り紙からインスピレーションを受けて、この「GROWTH」を製作したそうです。
植物自体が時間をかけて成長するように、「GROWTH」も幾何学体の形状を広げていくことで、根や茎が大きくなっても1つの鉢のまま、植え替える必要なく育てることができます。サイズは最大で4倍まで拡張可能。

Growth 1

「植物の成長サイクルに植木鉢の拡張機能を取り込むことが目的でした。本来、自然と環境は相反するように考えられているけれど、1つの鉢で植物の成長を見守るという発想です」

とは、Ayaskan兄弟が「contemporist」に残したコメント。

Growth 3

自然界では、すべてのものが成長の段階で進化に適応していくけれど、この「GROWTH」は、環境が自然の進化に合わせて形を変えていく。持続可能な次世代型の植木鉢に注目です。

Photo by Thomas Essl
Reference:contemporist
Licensed material used with permission by Studio Ayaskan

ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失った銘柄鶏を、自宅で手軽に楽しめる焼き鳥キット「べランディング鳥幸」。すでに4000セット完売と勢いが止まらない!
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
7月31日、ビヨンセが監督と脚本、製作総指揮を務めたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』が「Disney+」にてリリースされた。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で紹介されている「bioo」は、なんと植物の光合成の力を使って、携帯の充電ができるという驚きのデバイス。...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
7月27日、イギリス政府が新型コロナウイルス(COVID-19)に打ち勝つ肥満対策として、新たなガイドラインを発表した。
ただ壁に掛けるだけでもよし。大きなガラス窓を背景にすれば、空間に枝葉が浮かんでいるような演出も。もちろん、本物のグリーンと合わせてもステキ。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。