「光合成」で充電できるってホント!?ECOすぎる植木鉢が話題に

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で紹介されている「bioo」は、なんと植物の光合成の力を使って、携帯の充電ができるという驚きのデバイス。開発メンバーでさえ「クレイジーと思うだろ?」と、こちらの疑いの念を見透かすかのような言葉で紹介をしています。

1日に2〜3回
フルで充電可能

「bioo」が開発した世界初の植木鉢は、その内部で発電が行われるといいます。光合成の際に発生すると言われる電力を集め、より持続可能でクリーンなエネルギーを生成しようというもの。

あとは、小石のようにデコレートされたUSBポートに充電ケーブルを繋ぐだけ。充電時間は明言されていないものの、1日に2〜3回はフル充電できるそうです。

5.0V、1.0Aの出力を実現しているとのことで、自宅でくつろいでいる時や眠っている間に使うなら十分活躍してくれそう。さらに夜間でも充電可能で、観葉植物の種類も「好みのものでOK」とか。

基本的に
「いつも通り」育てるだけ

使い方もいたってシンプルです。内蔵のUSBケーブルを出して水を入れ、優しくシェイクしたらあとは土を入れて植物を育てるだけ。これで充電できるといいます。

ついに「光合成発電」が
身近に?

Youtubeのコメント欄には、「素晴らしいコンセプトだけど、本当にそれほど充電できるの?」「現状では信じられない」といった声も上がっています。

実際の出力や充電時間などについては気になるところですが、すでに「INDIEGOGO」では1万5,000ユーロ(約183万円)のゴール金額に対して、368%を達成し、約670万円を調達。

ひとつあたり99ユーロ(約1万2,000円)+シッピング料で世界中から購入可能です。デリバリーは2016年12月を予定。

様々な自然エネルギーが注目を集めるなか、ついには「光合成」を利用した発電も身近になるかも!?

Licensed material used with permission by Bioo
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
約5,000円から支援可能です。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「Super Cable」は、防弾チョッキと同じ素材を使っていて、鋼の約5倍の強度があり、2万回以上折り曲げても壊れない、充電ケーブルです。車を引っ張れる...
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
唐繰屋九太郎さんが経営する兼九商店のこたつケーブル型携帯充電コードは、あまりの人気に予約も不可能な状態。レトロで可愛い魅力で爆発的人気を誇っているが、ひと...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
これがあればもう出先で“充電用ケーブルがない!”なんてことにならないはず。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...