折り紙から着想を得た「変容する小型医療機器」。術中の縫合が要らなくなる?(米・大学)

患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。

2016年3月10日にブリガムヤング大学が発表した最新の医療機器は、小さな傷口から患部の内部へと入り込んだ後、作業を行うために変容できる機材。その構造は、日本の「折り紙」を参考にしています。動画を見てみましょう。

「折り紙」式
手術用ツール!?

C48fe54cd86a818ceb0cde5c41bbc4db807043d2

直径2.6cmほどのすき間があれば作業可能なこの機材、先端部分の構造がクチバシ状のツールへと変わります。下の動画がそのコンセプトモデル。

6d59f4d4ea3cce27a3081d4042f8418e56911118

そのほかにも、NASAが可変式のソーラーパネルに使用してる方法などが採用されており、どのアイデアも折り紙が元になっているとか。

F94504dcdb9be25e11dccb48dbc34472f694d9a3

上の動画は、「ミウラ折り」と呼ばれており、東京大学宇宙航空研究所の三浦公亮氏が考案したものとして知られている技術です。より小さくまとまり、大きく拡大する仕組み。

さらに、3Dプリンターによるパーツづくりなどによって、とことん小さくを追求しています。

Fe314d272b25a83f503c5caa70a48e73561e1f7f

従来の機器と比較すると、その差は歴然。

Ff35e18975ccc8d47221d40c1cb38b6e459a657c

将来的には
傷口の縫合が不要に!?

これによって複雑な手術の成功率が向上すると言われていますが、それ以上に印象的なのが同大学のwebサイトに書かれている前向きな内容です。

なんでも、神経を操作したり、縫合せずとも自然治癒によって塞がるような小さな傷口から作業ができるように小型化を進めているのだとか。あくまで希望ではありますが、その鍵となるアイデアが「折り紙」だなんて驚きですよね。

いかに折り紙と科学が密接な関係にあるのかは、以下の動画でも紹介されています。折ったり、曲げたりすることで得られる機能は、ここで紹介した以外にも様々な形で応用されているようです。

Licensed material used with permission by Brigham Young University
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
その名も「Oru Kayak 」…折るかやっく?まるで「折り紙」みたいですが、やっぱりそこから着想を得ているのだとか。移動が楽チンに!「折りたたみ式カヤッ...
中国、ハルビン医科大学の外科医Xiaoping Ren氏は、2013年に世界で初めて実験用マウスの頭部移植に成功した人物だ。これまでに約1,000頭ものマ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
独創的な折り紙を「365日、折り続ける」ことに情熱を燃やす、Cristian Marianciucさんを紹介したのは去年の早春のこと。目標に掲げた1,00...
カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。...
2016年5月19日、アメリカでドナーを待っていた中市好昭(なかいちよしあき)さんの肝臓移植手術が成功した。日本を代表する映像クリエイターとして知られてい...