【爆笑】見た目がギャグすぎる「トラベルピロー」。でも、使い心地は折り紙つき!

クラウドファウンディングで思うように出資が集まらず、幻の商品に終わってしまうプロダクトは数知れません。ここで紹介するアイテムも、もしかしたらそのひとつ。

名づけて「Pretzel Pillow」、アイデアは良いんです。しかし……ナゼ?

開発者の熱意が、
ビミョ~にだけ伝わる動画

このPretzel Pillow生みの親は、LAに暮らすChristopher Pouyさん。なんでも、パイロットの父と元キャビンアテンダントの母を持つ彼は、それが当たり前のように、小さい頃から空旅をしてきたそう。ところが、飛行機の中で一睡もできない。その理由を紐解いていったとき、Pouyさんはトラベルピローの大部分が主に首まわりをサポートするもので、腕にはなんの支えも無いからだという見解に至ったそうです。

分かるようで理解できない……彼の商品開発への動機を補足するのがこの動画。ところが、いささか奇をてらい過ぎたようで。刺さる人には刺さる、まずはそんな動画からどうぞ!

究極(?)のトラベルピロー
水先案内人は、ヘンテコCA

ちょっぴりセクシーなキャビンアテンダント(CA)。彼女が救命胴衣の代わりに使い方を説明するのは、なぜかプレッツェル型のクッション。

それがこちら。柔軟なポリエステル綿を使用しているそうです。では、なぜこの形になったの?その答えが「腕を寝心地いい最適なポジショニングにするため」、とPouyさん。

どうやって実際に使うかは、以下で紹介していきましょう。これが……ツボる!

01.
T-REXスタイル

まずはプレッツェル、いやピロー中央の穴に首を通します。ここまではどのスタイルでも一緒。この状態で両サイドの穴に内側から手を通し、手首だけを出すのがT-REXスタイル。

おすすめは、機内や電車の中など3人がけの座席で真ん中に位置してしまったような窮屈な状態。脇をすぼめた体制でも無理なくリラックスができるそう。もちろん、スマホもこのままの体制で操作OK。

02.
おネンネしましょスタイル

T-REXからさらに両腕をプレッツェルに絡ませ、自分の肩を抱く格好。まるで自身をハグしているかのようなこのスタイル。

よく腕を組んでうたた寝をする際、乗り物の揺れで脇の下から腕がストンと落ちてしまうことがありますよね。それをカバーするのがこのPretzel Pillowだと、言いたいんだと思います。

03.
べったりハグスタイル

最後は、誰かに抱きしめられているようなホールド力の「べったりハグスタイル」。こちらは、T-REXのように内側からではなく、外側から腕を回し入れて両腕を抱くイメージです。

こうすることで、より首周りのサポート力を得られ、いっそう心地よさがUPするとかしないとか(笑)。これで他人に寄りかかる心配もなし、ホント?

と、ここまで見てきていかがです?コンセプトはいい。間違ってもいない。ただ、いざ自分が使用している時のことをイメージしてみれば、どこか恥ずかさが勝ってしまうというか…。

現在、目標額に対して50%を切る厳しい状況ですが、Pretzell Pillowへのクラウドファウンディングは、2016年5月中旬段階でまだあと20日あまり。Pouyさん曰く、出資が成功しなかった場合は潔くあきらめるつもりなんだとか。さあ、ここから起死回生の大口投資が表れるか!?興味のある人はこちらから。

Licensed material used with permission by Christopher Pouy
スペイン発、〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス)〉の「オーストリッチピロー GO」反発にこだわったという形状記憶クッシ...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
この記事にたどり着いたあなた。まわりを確認してください。大声で笑っても、許される状況でしょうか?もし大丈夫なら、記事を進めてください。ここで紹介する動画は...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
久しぶりに「パイ投げ」を見た。僕にとっての「パイ投げ」の原点はドリフ。幼な心ながら、テレビ画面に向かって大笑いしたのを覚えている。調べてみると意外にも「パ...
体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
イタリアのデンタルケアブランド〈Marvis(マービス)〉のトラベルセット。スタイリッシュな見た目は、旅はもちろん、オフィス用にも重宝します。
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
20代の頃に3ヶ月だけオーストラリア人と付き合ったことがあるんだけど、「ふんどしふんどし」うるさかったことをよく覚えてる。たしか、お祭りのドキュメンタリー...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...