世界じゅうの言葉で、その「身体に秘密を刻む」リング。

指輪の裏の言葉って、ロマンチックで、ひそやかで、すっごく特別なものだって思います。

誰にも見えることも見せることもない、秘密の想いを隠してるみたい。

だからこのリングをはめた時、すっごくドキドキしました。

指輪は「契約」をフラッシュバックさせる効果があるらしいけど、普通の指輪は外してしまえばわからない。

でも、このリングは外した時こそ、相手のことをより一層思い出すようになってるんです。

ひ・み・つ のメッセージ

"marry me"

"always"

"♡"

どんな言葉も、どんな想いも。

「恋人と別れて指輪をはずした時、指に残ったリングの日焼けに、思いを馳せる」

そんな歌詞から着想したというこのリング。跡が綺麗に残るかどうか、つけている間も想いを馳せちゃう。

パートナーが寝ている間につけておくとか、メッセージをオーダーメイドして、何も言わずに渡すとか。いろんな使い方がありそう。

上の3種、純銀製は120ドル(約13,000円)、純金の指輪なら780ドル(約84,000円)。

メッセージのオーダーメイドは、10文字程度でどんな言語も可能とのこと(値段は、上記より張るけれど)。

つけていても、外していても、いつも、いつも忘れないでいてね。

ご注文はここから。

Licensed material used with permission by Jungyun Yoon
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!