とある男性が、彼女に内緒で作った「手づくりの指輪」が素敵・・・

Jarviciousさんが、恋人に内緒でコツコツつくっていた手作りの指輪がとてもよくできていると話題になっています。どうやら、学生時代にジュエリー作りやメタルアートを学んだことがあったそうですが、それは十数年も昔の話。ホコリをかぶった古道具を引っ張りだして、彼女のためにもう一度、イチから練習しなおしました。

彼女のために
シルバーリングを手づくり!

最初は薄く伸ばした銅版を丸めるところから。練習を重ねていきます。

繋ぎ部分の結びがとても難しいのだとか。

彼女が、習い事やインターンシップに出掛けている間を見計らってちょっとずつ練習。

宝石をおさえるプロングを仮づけしてみます。イイ感じ。

ここからはシルバーの登場。

当初は彼女の指のサイズが正確にわからず。お気に入りの指輪を会社につけ忘れていく機会を待っていたそう。

宝石は0.5カラットのモアサナイト。ダイヤモンドの代用品としてよく使用されるものです。練習した材料費はすべて含めて180ドル(約2,2000円)ほどしかかかりませんでした。とはいえ、練習に費やした時間と愛情はたっぷり!もっとグレードアップしたバージョンも考案しているようですが、それはサプライズの後で改めてつくって上げる予定だとか♡ 

ホワイトゴールドのリングが完成。キレイですね〜。英語の説明ですが、より詳細な工程は「imgur」で確認できます。

じつは、すでに結婚の話がすすんでいるふたり。彼は指輪をどう渡そうか考えている最中だそう。どんな反応をするか想像するだけでワクワクですね♪ あなたも恋人のためにコッソリ一肌脱いでみては?

Licensed material used with permission by Jarvicious, Elite Daily
みんなには、ぜったい内緒だよ?
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
結婚指輪といえば、プラチナ。婚約指輪といえばダイヤモンドが定番。最近は日本でも「指輪を買わない」という人が増えていますが、そうは言っても多くの女性にとって...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
「お互いの足りない部分を補い合える」結婚相手の条件として、このポイントを重視する人もいるかと思います。が、実はそんなあなたにピッタリの結婚指輪がありました...
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
今年4月に公開されてから2か月余りで動画再生回数300万回越えを達成した、話題のカップルがいます。オーストラリア在住のAnnaさんがプロポーズされて一番驚...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
本記事では、彼氏が大好きな人の共通点や関係を長続きさせるコツをご紹介しています。大好き過ぎて依存しているかもしれない人は、依存する人の共通点、依存する人の...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
「I Heart Intelligence」より、世の男性たちに向けたチェックリストをご紹介。言わずもがなだからこそ、女性たちは待っているのでは?
動画に登場するのは、空港で彼氏を待つエリカさんの姿。ここで紹介するカップルは、SNSを通じて事前にお互いを知っていましたが、会うのはこれが初めて。恋人のア...
最近、何かと話題の年下彼氏。頼りない? そんなことはありません。かわいくて一緒にいるとドキドキして、同い年や年上の男性よりも振り回されちゃう。恋を楽しむに...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
もうすぐやってくるクリスマス。今は彼女がいないけど、クリスマスは一人で過ごしたくはない!と考えている男性も多いのではないでしょうか。できれば当日までに彼女...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...