「阪神」から高校球児へ粋な計らい!「甲子園の土」プレゼント

春の選抜高校野球大会に続き、夏の全国高校野球選手権大会も中止。“最大の目標”を失った全国の高校球児たちへ、「阪神甲子園球場」「阪神タイガース」が粋な計らいをみせる——。

発表されたのは、「日本高等学校野球連盟」に加盟する野球部の3年生全部員を対象とした「甲子園の土」が入ったオリジナルキーホルダーの贈呈。聖地・甲子園球場をホームグラウンドとする同球団ならではのアイデアだ。

阪神タイガースの矢野燿大監督をはじめとしたコーチ、選手たちの「高校球児のために何かできることはないか」という声から実現した本企画。取り組みに対し、矢野監督は以下のように思いを述べた。

最後の夏に、甲子園出場に挑戦する機会さえ

なくなってしまった全国の高校3年生のみなさん。

現状を受け入れられないであろう方々もいる中で、

なにか少しでも前を向いてもらえることが

できないかと考え、選手、裏方みんなで

エールの想いを込めて土を集めてお贈りします。

キーホルダーは現在生産中で、8月下旬を目途に配送される予定とのこと。これを機に、高校球児が少しでも前を向けることを願ってやまない。

©阪神電気鉄道株式会社
Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事