大切なものを失くしたことがある人へ。諦めなければ奇跡は起きる。

これまでに失くした物をあげたらキリがないくらいある。お気に入りのイヤリングに、化粧品の入ったポーチ。今でも心に残っているのは、大好きな人からもらったブローチを落としたこと。あのときは、何日も探したけれど見つからなくて大泣きしたっけ。「あっ、しまった!?」と、失くしたことに気づいたときに、どんなに思入れのあるものであってもどこか“諦めの心”があったのは確か。

ただ、空港で大切なモノを失くした女の子の話を聞いて、自分が大切に思う何かを簡単に諦めてはいけないなって心からそう思ったんだ。

わ、わたしのテディベアがいない!

大切なテディベアを空港で失くしてしまったという4歳の女の子の悲しみの訴え。SNSに投稿されたある「捜索願」が話題となったのだ。その投稿をローガンエアー航空会社のCAであるKirsty Walteさんが、たまたま目にしたことがこれから綴る奇跡のような出来事の始まり。

同僚と一緒に必死にベアを探し出し、200マイル以上も離れたオークニー諸島に住む持ち主のSummerちゃんに届けようとローガンエアーのスタッフたちが一致団結したのだった。

VIP待遇で帰国したテディベア

7b6670939b3f3db905ff44a1d7b6826178a06216

Kirstyさんは一刻も早くSummerちゃんのもとにかえしてあげるために、なんとベアのための座席を用意。カークウォール行きの飛行機に乗って無事に帰国したテディベアは、Summerちゃんと感動の再会を果たしたのだった。

そのときのことをローガンエアーのコマーシャルディレクターはこう語っている。

なにか問題に気付いたとき、我々はすぐに対処しなければ大変な事態に発展する可能性が大きいことを知っている。だからすぐにSummerちゃんのもとに無事に帰すべく、席を手配したのは当たり前のことだ。

 

女の子とベアが、感動の再会をする手助けができて本当に嬉しく思う。

5664c0cb468fcd8c640d29b1b22c66cf6f2e6278

上の写真は、Summerちゃんとベアが再び出会えたときの写真。Kirstyさんも隣でやさしく、そして誇らしそうに微笑んでいる。

わたしはこの話を知ったとき、心から「世の中捨てたもんじゃないな」ってそう思ったんだ。それに彼らのプロフェッショナルな働きにも心震えた。だって、乗客だったとはいえ、SNSでたまたま見た投稿に、迅速な対応をして、さらに女の子にとっては宝物であり、最高の相棒であるかもしれないけれど「クマのぬいぐるみ」のために席を用意して送り届けるって。

夢のような話だと思ったし、もし自分だったら一生忘れられない出来事だ。「奇跡」というのは、誰かを思いやる気持ちから生まれるのかもしれない。

Licensed material used with permission by Loganair
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。