毎朝、起きた時に思い出したい!「人生に大切な11のこと」

「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)

Elite Daily」にライターのPaul Hudson氏が書いた毎朝起きた時に思い出したいこと。その11項目には、自分らしく生きるためのヒントが隠されています。

11-remind02


 01.
選択する権利は
すべて自分にある

なぜ私たちは、無力感を感じてしまうことがあるのでしょうか。それは、自分を納得させるための言い訳かもしれません。まるで配布資料が配られてくるように、何かが与えられることを待っているのです。でも、人生に正しい配布資料なんてありません。したいことがあるなら、自分で実現しましょう。
そして今日から始めるのです。今日がよい日かどうか関係ありません。天気や気分によって左右されるものでもなく、外的要因も関係ないのです。
素晴らしい1日をつくるのは、他でもない自分なのですから。

02.
結果なんて
大切じゃない

11-remind003

私たちはみんな、大きなことを実現したいと思っています。でも、何かを達成することは偉大なのでしょうか?
偉大になるということは、日々を戦いながらよい1日を作り上げていくこと。
大切なのは自分が好きなように生きるために、毎日努力し続けること。結果ではなく、状態のことなのです。
勝利を求めるのではなく、常に満足していることを意識しましょう。

03.
失敗しない唯一の方法
「諦めない」

奮闘している時、このように考えると少し安心するのでは?実際、何かをやり続けることは至難の技。ほとんどの人は、始める前に諦めてしまうのです。でも挑戦している人は違います。

目を覚ますと、大変な1日がはじまります。諦めず、現状に逆らいながら泳ぎ続けるのです。失敗を受け入れず、他人から「あなたにはではない」と言われても耳を傾けません。自分を信じて挑戦する人は、敗者ではありませんよ。

04.
人生でやるべきは
「やりたい」と思うことだけ

11-remind00kr3

余計なものはすべて捨てましょう。人々はしたくないこともすべきと言いますが、それはウソ。
毎日毎秒、自分のやりたいことができていないなら、それは間違った生き方なのです。
確かに、私たちが行うことすべてが楽しいとは限りません。その時に必要だと思うからやることもしばしば。ただ、この時に必要なのは楽な道を選ばないこと。

05.
与えられる人生から
自分で切り拓く人生へ

人生にはコントロールできないこともありますが、逆も然り。自分の人生は自分でデザインするのです!あなたは、今までの選択の積み重ねでここにいるのです。
人生はコントロールできないと諦めるのは、怠惰で臆病な証。そういうことを考える人は逃げたいだけなのです。

06.
大切な人は
とても少ない

あなたにとってほとんどの人は、重要ではありません。このことをよく忘れてしまいがち。そして、間違った人たちに自分の人生を蝕まれてしまうのです。
よくない人に出会うこともあります。特に、あなたが大企業で働いている場合や、人口密度の高い地域や職場にいるとなおさら。

彼らは自分の人生が平凡なので、あなたに人生はつまらないと洗脳し、自分たちと同じようにさせたいのです。

07.
世間に期待するなんて
バカらしい

11-remind15397324

この考えを受け入れるのには、長い時間がかかります。
よく私たちは相手を助けるために、間違いを正そうとします。でも実際、そういった間違いを聞きたい人は少ないのです。
そして、世界中には愚かな人で溢れていて全員を助けることはできません。
そんな中で、ストレスを最小限に抑えるためにできる最善のことは、相手に期待しすぎないことです。

08.
幸福なんて
考え方次第

私たちの幸せが、周囲の環境の結果によって起きると思っていませんか。この考えは今すぐ変えないといけません。
私たちは、今この瞬間から幸せを手に入れることができます。自分が現在いる状況に感謝する、という視点を手に入れる努力が必要なのです。
幸せになるということは、自分が満たされている状態なのです。

09.
他人のことは
忘れよう!

11-remind7

前述したように、ほとんどの人は愚かで、多くの人はあなたの人生と何の関係もありません。
また、人は自己中心的で自分のことばかり考えています。なので、相手の間違いを攻撃してくることもあります。この時にどの​​ように反応するか注意しなければいけません。あなたがすべきは、こういった人を許し、起こったことすべてを水に流すのです。またはそういう人とは一切付き合わないこと。

10.
今、持っているものを
アップグレードする必要はない

私たちは、つねに隣の芝生は青いと考えてしまいがち。ですが、人生はアップグレードする必要なんてありません。
幸せで充実した人生を送るために、私たちは自分が持っているものに感謝して愛する努力をしましょう。恋に落ちたなら、関係を続けるよう最善を尽くしましょう。最終的に、すべては終わりを迎えるのですから。

11.
生きていることの
喜びを噛み締めよう

11-remind15397324

たくさんの人々が、毎日死んでいます。
朝に目を覚ますことができるのは、ありがたいこと。確かに、私たちは大変な世界に住んでいます。事故が起こることもあれば、それによって死んでしまう人もいます。だから、いま呼吸をして生きていることは奇跡なのです。死んだ後に何が起こるかは分かりません。死によって何もかも終わる可能性すらあります。だから可能な限り、生き続けましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily

どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
もうすぐ30歳を迎えるワタクシ。気づいたらもうこんな年齢かと思い、これまでの人生を振り返ってみた。すると、「もし、あの時◯◯だったら」なんて後悔がいくつも...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
私たちは皆、社会のなかで生きているからこそ、人の目を気にしたり評価を気にすることがあります。でも、あえて周りを気にしなければポジティブな結果をもたらすこと...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
旅には、人生が凝縮されています。
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...
イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソーー。このような感情によって、日々、自分が乱されていると感じる人はとても多いと思います。けれど、これは非常に大き...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
人間関係や仕事、家庭でのトラブル。毎日生きていればつらいことだってありますよね。でもイヤなことだって自分の捉え方次第では、幸せにだってなり得ることだって…...