ある男性に起きた奇跡が今、フランス中の話題になっている

フランスに違法入国し、人目を避けて暮らしていたマリ出身のMamadou Gassamaさん。

そんなMamadouさんに5月のある日、人生を変える出来事が起こりました。

アパートのベランダから落ちそうになっている男の子を発見。勢いよくフェンスを使って4階まで登ると、そのまま男の子を救出したのです。その姿がスパイダーマンのようだったと話題を呼び、彼は一躍時の人に。さらに、フランスに合法的に滞在できる許可などを得ることになったのです。

この行動はフランス国内で移民に対してネガティブな感情を持つ人々にも影響を与えました。

9月13日、Mamadouさんにはフランスの市民権が授与。さらには仕事の斡旋まで。

通常、フランス人と4年以上の婚姻関係、あるいは5年以上の合法的な滞在があってはじめて、永住権の申請が認められます。そう考えると、いかにGassamaさんの例が特別かわかります。

Reference: CNEWS, L'Express
Top image: © iStock.com/Nikada
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...